• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • SIMフリーモデルの存在意味は?「iPhone8」と「iPhone X」はキャリアモデルでもSIMロック解除の状態で発売に。

SIMフリーモデルの存在意味は?「iPhone8」と「iPhone X」はキャリアモデルでもSIMロック解除の状態で発売に。

先日より発売を開始した「iPhone8」は「iPhone X」の買い控えが発生していることもあり、静かな幕開けとなりました。どうしてもスペックやデザインに目がいきがちですが、総務省のガイドラインに改定により、地味に仕様が変更されているのでまとめたいと思います。先日の情報は「市場シェアにも影響!?「iPhone X」への買い控えが発生で「iPhone8」はあまり人気がない模様。」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

SIMフリーモデルの存在意義は?

 

先日の情報では、「iPhone8 Plus」のカメラは、有名なカメラの評価サイトにおいて、スマートフォン史上最高評価になったとされています。詳細は「カメラの進化はダテじゃない!「iPhone8 Plus」のカメラはスマートフォン過去最高の評価を!」をご参照下さい。さて今回発売を開始した「iPhone8」と11月に発売を開始する「iPhone X」は総務省の新たなガイドラインが適用されるのでまとめたいと思います。

 

 

今回の「iPhone8」や「iPhone X」を含めて下期に発売を開始するスマートフォンにおいては、「MVNO」向けの「SIMロック」は解除されるとしています。少なくとも今までは、SIMロック解除に制限があったため、特に最新機種において「MVNO」のSIMカードを使用することが難しかったのが現状です。しかしながら今後は、MVNO向けにおいては「SIMフリー」の状態になるため非常に利便性が向上すると考えられます。

今までは「ドコモ系のMVNO」であればSIMロック解除なしで「ドコモの端末」を使えるなど、やはりキャリアの縛りがありましたが、今後はこの縛りすらなくなります。いままでの格安SIMを使用していユーザーは「SIMフリーモデル」を購入して使っていたユーザーも多いと考えられるので、SIMフリーモデルとキャリアの価格を比較したいと思います。

 

 

まずは「iPhone8」のSIMフリーモデルの価格は「64GB」が税込で「8万5104円」で「256GB」が「10万3464円」となっています。ここにドコモの価格を比較したいと思います。「64GB」モデルが「8万8776円」となっており、「256GB」モデルが「10万6920円」となっています。次に「iPhone8 Plus」の価格を見たいと思います。

 

 

まずは「iPhone8」のSIMフリーモデルの価格は「64GB」が税込で「9万6984円」で「256GB」が「11万5344円」となっています。ここにドコモの価格を比較したいと思います。「64GB」モデルが「10万440円」となっており、「256GB」モデルが「11万8584円」となっています。記事を書いている途中では、今後はキャリアモデルでも格安SIMが使えると喜んでいたのですが。

価格を比較してみると「SIMフリーモデル」のほうが安いという結果に。購入サポートがあるので本体代はキャリアモデルのほうが安くすむと思いますが、回線の維持費がかかるため、結果的にそんな手放しでは喜べない状態になっています。なんだかんだ改めて総務省が行なっていることは中途半端だと改めて実感させられます。単純に毎月の運用コストを下げたいのであれば、初期費用はかなり痛いですが、SIMフリーモデルを一括で購入するのが一番だと考えられます。

スポンサードリンク



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧