• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • 海外版「iPhone8」はついにFeliCaが利用可能に。国内モデルとの差はほとんどなくなる。

海外版「iPhone8」はついにFeliCaが利用可能に。国内モデルとの差はほとんどなくなる。

先日の情報では、もともと評判の高かった「iPhone」のカメラが、有名なカメラの評価サイトにおいて、史上最高のスコアを獲得したとされています。今回日本国内でもSIMフリーモデルが直販されていないため、あまり意識することがない海外仕様のSIMフリーモデルについてまとめたいと思います。先日の情報は「カメラの進化はダテじゃない!「iPhone8 Plus」のカメラはスマートフォン過去最高の評価を!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

海外モデルでもFeliCaが使用可能に!

 

先日の情報では、本体の背面の材質をガラスに変更した「iPhone8」シリーズですが、引っ掻き傷などには強いけど、やはり「アルミ」と異なり割れるリスクが高いことが判明しています。詳細は「「iPhone8」シリーズは傷つきやすく壊れやすい。けど直しやすい。」をご参照下さい。さて今回海外モデル関して、「FeliCa」チップが有効化されていることが判明したのでまとめたいと思います。

厳密に言えば、「FeliCa」チップは「iPhone7」シリーズの時にも搭載されていましたが、ソフトウェア上の制限がかけられていたため、国内版のみが利用可能の状態でした。しかしながら今回の情報では、海外で発売されている「iPhone8」シリーズ、おそらく「iPhone X」も国内でFeliCaチップを使うことができると考えられます。まあ正直なところ、海外在住の日本人の方や、外国人の方にはメリットがあると思いますが、日本人にはあまりメリットがないと考えられます。

世界共通でFeliCaが搭載されたとしても、やはり使える国はかなり限定されています。結局は日本でしかろくに使えないのが現状です。ただ東京オリンピックへの布石であると考えることができ、多くの来日する外国人へのアピールとしてだと考えることもできます。

もともとAppleがSIMフリーモデルを直販している以上、海外版を購入するメリットはそこまでなく、大きな仕様の違いとしては、海外版は「シャッター音」がならないことです。ただ、技適も通過していない。対応バンドも変わる。そして高い。このことを考えると「シャッター音」がならないようにしたいのであれば、アプリで十分だと考えられます。

世界でも人気が高い「iPhone」にFeliCaチップが有効化されたことによって、今後世界でFeliCaチップによる電子決済が拡大されることに期待したいと思います。

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧