• HOME
  • ブログ
  • iPhone
  • やはり次期「iPhone9」は6インチ越えのファブレットに!さらに3モデル展開に!?

やはり次期「iPhone9」は6インチ越えのファブレットに!さらに3モデル展開に!?

来年発表が予測される「iPhone9」シリーズは、先日発表された「iPhone X」と同様に「ベゼルレスデザイン」が採用され、「ディスプレイサイズ」が大型化され、さらに「有機ELディスプレイ」が採用されると予測されています。今回次期「iPhone9」のディスプレイに関する最新情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「2018年に登場する「iPhone9」シリーズも3モデル展開に!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

3モデル展開から2モデル展開に!?

 

先日までの情報では、現行の「iPhone8」シリーズのカメラは「1200万画素」と決して高画素とは言えない画素数ですが、次期「iPhone9」はカメラが高画素化され「2000万画素」程度になると予測されています。詳細は「「デュアルレンズ」はさらなる高みへ!次期「iPhone9」シリーズのカメラは1200万画素以上に!?」をご参照下さい。

さて今回MacRumorsによると、次期「iPhone9」のディスプレイサイズは「5.85インチ」と「6.46インチ」の2サイズになると報告していることが判明しました。今回の情報によると、当初噂されていた「5.28インチ」に関しては、市場の需要が少ないと判断し、開発を中止したとしています。そのかわりに「5.85インチ」の開発に着手しているとしています。

またこの2モデルに関しては共通して「有機ELディスプレイ」を採用しているとしています。一方で従来の液晶を搭載したモデルも開発に着手しており、そのディスプレイサイズは「6.0インチ」以上のサイズになるとしています。つまりこの「液晶」を搭載したモデルは、今回の「iPhone X」と「iPhone8」のように別ラインになる可能性も考えられます。

ただ今回の情報では、新しく開発しているこの「6.0インチ」以上のファブレットiPhoneは、現行の「iPhone8」シリーズに追加という形をとるのか、それとも置き換わるのか全く判然としない状態にあるとしています。とはいえ、まず来年発表される次期「iPhone」の名称が、まず何になるのかも判然としない状態にあり、現行の「iPhone X」と「iPhone8」とどういう区別をするのか非常に気になるところでもあります。続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧