「iPhone8」シリーズは傷つきやすく壊れやすい。けど直しやすい。

先日より発売を開始した「iPhone8」と「iPhone8 Plus」ですが、毎年のような活気はなく、やはり「iPhone X」の買い控えが発生していると考えられます。今回発売したことによって様々な耐久実験が行われており、その結果従来モデルより破損しやすいことが判明したのでまとめたいと思います。先日の情報は「市場シェアにも影響!?「iPhone X」への買い控えが発生で「iPhone8」はあまり人気がない模様。」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

壊れやすく・傷つきやすく・直しやすい。

 

先日の情報では、au版の「iPhone8」と「iPhone8 Plus」は「3G」に対応していないとされており、auユーザーの方は「機種変更」する際に、新規契約の場合は、電波の対応エリアをしっかり確認したほうがいいとされています。詳細は、「auユーザーはSIMフリーを買ったほうがいいのでは!?「iPhone8」シリーズは「3G」接続が非対応に。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、先日発売を開始したばかりの「iPhone8」と「iPhone8 Plus」は「傷がつきやすく、壊れやすい」と評価していることが判明しました。まずは下記の動画をご覧ください。

 

 

今回の「iPhone8」から「ワイヤレス充電」に対応するために、背面の素材も「ガラス」に変更されています。Appleによれば今までのスマートフォンで最も耐久性のあるガラスを採用しているとしていますが、やはりガラスはガラスです。どうしてもヒビが入ってしまいます。つまり「iPhone7」の時までに採用されていた「アルミ」と比較するとどうしても耐久性が下がっています。

しかしながら、日常使う上では、なかなか傷がつかない仕上がりになっているのは非常に嬉しいことです。特に男性は「iPhone」と同じポケットに鍵や何やらいれることがありますが、そのことによって「iPhone」が傷つくにくいのは嬉しいことです。

またiFixitによってすでに分解がされていますが、修理の難易度は「10段階中の6」と比較的な簡単な分類になっていることが判明しています。ただ残念なことに、修理がしやすくなったこととは別に修理料金は高く、また背面もおもて面も「ガラス」のため、どちらも心配する必要性があります。ケースをつけたほうがいいとも言えますが、あまり分厚いケースをつけるとワイヤレス充電を使うことができなくなります。ちょっといいのか悪いのか分からない仕様になったと考えられます。

 

スポンサードリンク




関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「iPhone8」の量産開始時期が判明か!?発売日は遅れそう!

  2. 次期「iPhone8」のワイヤレス充電は「急速充電」に対応していない!…

  3. 新型iPhone8は5モデル展開に!?(追記あり)

  4. ヨーロッパでは「iPhone X」の在庫がさらに改善。年内には即日購入…

  5. 勘違いしててすみません。「iPhone X」より「iPhone 8 P…

  6. 生産は順調に!?次期「iPhone8」シリーズは同時に9月に発売開始か…

  7. iPhone8に搭載されるワイヤレス充電は独自開発か!?

  8. めちゃくちゃ少ないよね。「iPhone X」の初回出荷数は4万台しかな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA