• HOME
  • ブログ
  • iPhone
  • Appleの自信のなさの表れか!?次期「iPhone」では「Touch ID」を再び搭載の可能性も。

Appleの自信のなさの表れか!?次期「iPhone」では「Touch ID」を再び搭載の可能性も。

発表前の事前情報では、「Touch ID」の補完的な役割として新たに「Face ID」が搭載されると予測されていましたが、実際先日発表された「iPhone X」には「Touch ID」が搭載されておらず、「Face ID」のみとなりました。今回次期「iPhone」は「Touch ID」が復活する可能性があるのでまとめたいと思います。先日の情報は「読み方が「テン」だった。プレミアムだけど原点回帰した「iPhone X」を正式発表!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「Touch ID」が復活する可能性が!?

 

先日の情報では、来年登場する次期「iPhone」はプレミアムモデルは廃止となり、従来と同じく2モデル構成になると予測されていますが、「デザイン」に関しては「iPhone X」のデザインを継承すると予測されています。詳細は「2018年に登場する次期「iPhone」はやはり「iPhone X」と同じデザインを採用か!?」をご参照下さい。

さて今回MacRumorsによると、Apple関連のリーク情報で定評のあるKGI証券のアナリスト Ming-Chi Kuo氏は、来年以降に発売される次期「iPhone」において再び「Touch ID」を復活させる可能性があると報告しています。今回の情報によると、未だ発売を開始していない「iPhone X」において、ユーザーの「Face ID」のリアクションを考慮した上で考えるとしています。

また今回の情報によると、「Touch ID」を復活させる要件として、「ディスプレイ」に「Touch ID」を統合するという技術的問題を解決できるかも大きな鍵になっているとしています。長らく「Touch ID」は「ディスプレイ」に統合されると予測されていましたが実際には統合されませんでした。実際に統合されなかった原因の1つとして、「3D Touch」のモジュールが障壁になっているとしています。

個人的に「Face ID」を試すことができていないので、何とも言えませんが、少なくとも「Face ID」の評判は悪くはありません。実生活において支障がない程度の「スピード」と「精度」があれば、無理に「Touch ID」を搭載する必要性はないと考えられます。何よりそんでなくても本体価格が高いのに、「ディスプレイ」に「Touch ID」を統合してしまえば、さらに原価コストが上昇すると考えられます。続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧