• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • 市場シェアにも影響!?「iPhone X」への買い控えが発生で「iPhone8」はあまり人気がない模様。

市場シェアにも影響!?「iPhone X」への買い控えが発生で「iPhone8」はあまり人気がない模様。

いよいよ発売開始を明日に控えた「iPhone8」と「iPhone8 Plus」ですが、例年のこの時期では、予約で大きな話題になっていますが、今年はそこまで活気があるという状況ではありません。今回、先日発表された新デバイスの予約状況に関する情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「ただのマイナーアップデート版ではなかった。Apple「iPhone8」を正式に発表!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「iPhone8」シリーズにも大きな影響が1?

 

先日の情報では、「5.8インチ」という大型ディスプレイを搭載した「iPhone X」が今期発表された新型iPhoneの中で最も大きなディスプレイを搭載しているようにみえますが、実際のところは「iPhone8 Plus」のほうが大きなディスプレイを搭載していることが判明しています。詳細は「勘違いしててすみません。「iPhone X」より「iPhone 8 Plus」のほうがディスプレイは大きい模様。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Apple Watch series 3」の予約状況は非常に好調なのに対して主力製品である「iPhone8」と「iPhone8 Plus」の予約状況はあまり芳しくない状況だと報告しています。今回の情報はKGI証券のレポートから発覚したものだとしており、特に「Apple Watch」が好調なことに触れています。

今回の情報によれば、「Apple Watch series 3」の予約において「GPS Cellular」モデルは、GPSモデルと比較して「30%から40%」の比率になると予測していたとしています。しかしながら蓋を開けてみると、その比率は「80%から90%」になっている可能性があると報告しています。つまり「Apple Watch series 3」を予約している人のほとんどが「cellular」モデルを予約していることになります。

一方で「iPhone8」シリーズにも言及しており、例年のこの時期は新型iPhoneの出荷予定日が「3〜6週間待ち」となっていますが、基本「1〜2週間待ち」と、例年ほどの活気がないとしています。やはり「iPhone X」への買い控えが発生しているとしています。Appleにとって第2四半期に買い控えが発生し、新型iPhoneの発売でどうにか第3四半期を立て直すという流れになっています。

しかしながら「iPhone X」の発売日が11月にずれ込んでいるせいもあり買い控えが今も発生しており、第3四半期も厳しい数字になりそうです。一方で「iPhone X」も発売直後から年明け程度まで極度の品薄状態が続くとされています。このことからも第4四半期も厳しい数字になる可能性も考えられます。詳細は「今年はクリスマスを祝っている場合じゃない!「iPhone X」の在庫争奪戦は年明けまで続くかも。」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧