Xperiaの新章幕開けには新型Xperiaが6モデル発表に!?ただミドルレンジばかりだけど大丈夫かな。

先日の情報では、来年の初頭に開催が予測されてるMWC2018にはXperiaの新章が始まるとされています。その中で中心的なデバイスになるのはやはりプレミアムモデルであると予測されています。今回、MWC2018で発表される新型Xperiaは6モデルになる可能性があるのでまとめたいと思います。先日の情報は「来年の「Xperia」に期待しよう!新シリーズはやはりプレミアムモデルが登場!さらに新しいインターフェイスを採用!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

全部で6モデルの存在が確認!?

 

先日の情報では、実際の名称は定かではありませんが、「Xperia XZ1 premium」と予測されているデバイスのベンチマークがリークし、やはりハイエンドモデルかつファブレットよりの仕様になっていることが確認されています。詳細は、「欲しくてたまらない。「Xperia XZ1 premium」は最強のファブレットへ!?ベンチマークがリークか!?」をご参照下さい。

さて今回Xperia Blogによると、来年発表される新型Xperiaが、ユーザーエージェントファイルから発見されたことを報告しています。まず前提として、2018年に発表される新型Xperiaのビルド番号には共通して「H」がつくことになります。この上で今回発見された新型Xperiaは4モデルあります。

 

Sony H3113
Dislpay resolution: 1080p (1920 x 1080)
Bluetooth 5.0
Android 8.0 Oreo

Sony H3321
Dislpay resolution: 720p (1280×720)
Bluetooth 4.2
Android 7.1.1 Nougat

Sony H4113
Dislpay resolution: 1080p (1920 x 1080)
Bluetooth 5.0
Android 8.0 Oreo

Sony H4311
Dislpay resolution: 720p (1280×720)
Bluetooth 4.2
Android 7.1.1 Nougat

 

これだけの情報だと、端末のスペックを判断することは非常に難しいです。ただ「H3113」と「H4113」に関しては「Android8.0」を搭載されていることから、少なくとも「ハイエンドモデル」か「ミドルレンジ」になると考えられます。一方で「H3321」と「H4311」に関しては、「ミドルレンジ」か「エントリー」モデルになると考えられます。

さらに先日の情報では、「H4233」というミドルレンジ機種が確認されています。詳細は「君は誰?君の名前は!?謎のXperiaのベンチマークがリーク!?「Xperia XZ Ultra」の可能性は!?」をご参照下さい。また合わせて「Xperia  XZ1 premium」とみられているプレミアムモデルのビルド番号は「H8151」となっています。

このことからも、ハイエンドモデルは従来通り「8000」番台、ミドルレンジモデルが「4000」番台、そしてエントリーモデルが「3000」番台になると考えられます。現時点で判明している6つのデバイスのうち、5つがミドルレンジモデルという事態になっています。

新章の幕開けは非常に楽しみですが、「Xperia X」シリーズのときのように、中途半端なスペックを搭載した、メリハリのない名称をつけたデバイスを複数発表することだけは避けてほしいところです。続報を期待しましょう。

 

LINEでも記事更新通知をしています。よければお友達登録して下さい。
友だち追加
スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. SONYが正式発表!「Xperia Z5」は「Android8.0」の…

  2. ドコモ版「Xperia Z4」・「Xperia Z5」に「Androi…

  3. 2017年上半期新型XperiaがAmazonに勢ぞろい!あなたはやは…

  4. XperiaZ5シリーズがAndroid7.0にアップデート可能に!

  5. SONYが近日中に新型Xperiaを発表?それともXperia用の新型…

  6. 今が買い時!?「Xperia X compact」の価格を調べてみた!…

  7. Xperia Z Ultraの後継機種にオススメ!「Xperia XA…

  8. 「Xperia XA2 Ultra」のベンチマークがリークに?デュアル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA