• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • 画面が表示されている状態での「iPhone8 Edition」と「iPhone7 Plus」を比較した画像が公開に!

画面が表示されている状態での「iPhone8 Edition」と「iPhone7 Plus」を比較した画像が公開に!

先日の情報では、長らく「Touch ID」は廃止されたと予測されていましたが、次期「iPhone8」専用の純正ケースのリーク画像から「Touch ID」が搭載されている可能性があると予測されています。今回、画面が表示されている状態での「iPhone8 Edition」と「iPhone7」シリーズの比較画像が公開されたのでまとめたいと思います。先日の情報は「次期「iPhone8」の正式名称はやはり「iPhone8 Edition」に!?さらに純正ケースがリークで「Touch ID」の場所が判明!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

比較画像が公開に!

 

先日の情報では、現行の「iPhone7」シリーズより、「iPhone8 Edition」の電源ボタンが大きくなっている理由が判明していませんでしたが、「Siriの起動」を含めたジェスチャー機能が搭載される可能性があるからだと予測されています。詳細は「「iPhone8 Edition」の電源ボタンが大きくなった理由が判明!?ジェスチャー機能を搭載か!?」をご参照下さい。

さて今回Redmond Pieによって、次期「iPhone8 Edition」と現行の「iPhone7」シリーズの画面が表示されている状態での比較画像が公開されています。まず上記の画像は「iPhone 7 Plus」と比較した画像になります。「iPhone8 Edition」の「ディスプレイサイズ」が「5.8インチ」と「0.3インチ」大きいのですが、本体の大きさにこれだけ差があります。こうやって見るといかに「ベゼル」がデザイン的には無駄かと改めて実感させられます。表示できるアプリ数も上記の画像を確認する限りは同じになっています。

 

 

次に「iPhone7」と比較した画像になります。厳密に言えば「iPhone6/6s」なのですが、大きさは変わらないため、分かりやすくするため「iPhone7」とさせて頂きます。少し縦に長くなっている程度で、横幅はほとんど変更がなく、「持ちやすさ」に関してはほとんど変わらない可能性があります。「ガラス」と「アルミ」では、「ガラス」のほうが滑りやすいかもしれませんが。

やはり画面表示領域に格段の差があり、「iPhone SE」などの小型モデルにこだわりがなければ「iPhone8 Edition」がオススメの選択肢になります。価格は非常に高価になるとされていますが、約3年ぶりのフルモデルチェンジです。爆発的に人気がでそうですね。続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧