次期「iPhone8 Editon」はまさかのレッドモデルも存在か!?フェイクの可能性も高いけど。

次期「iPhone8 Edition」の本体カラーは「ブラック」・「ゴールド」・「シルバー」の3色展開になる可能性が高いと公開されているモックアップより予測されていますが、今回、まさかの「レッド」モデルのモックアップもリークしたのでまとめたいと思います。先日までの情報は「「iPhone8 Edition」の電源ボタンが大きくなった理由が判明!?ジェスチャー機能を搭載か!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

レッドモデルのモックアップがリーク!?

 

先日の情報では、次期「iPhone8 Edition」専用の純正ケースがリークし、長らく情報が錯綜していた「Touch ID」の搭載場所が背面の「Appleロゴ」に統合されている可能性が高いと予測されています。詳細は「次期「iPhone8」の正式名称はやはり「iPhone8 Edition」に!?さらに純正ケースがリークで「Touch ID」の場所が判明!」をご参照下さい。

さて今回リーカーとして有名なRoland Quandt‏氏が自身のTwitter上で、IFA2017で見つけた次期「iPhone8 Edition」のモックアップの画像を公開していることが判明しました。今回公開された画像の一部が上記の画像になります。

 

 

正直なところ、今回公開されたモックアップの質は非常に悪いという印象を受けます。特に「レッド」モデルの存在を確認できることは嬉しいのですが、あまりにもやすっぽいその質感のせいで、フェイクである可能性が非常に高いと考えざるをおえません。また「レッド」モデルに関しては、「iPad」に搭載されている「スマートコネクター」の存在を確認することができます。

しかしながら、直近の情報では、次期「iPhone8 Edition」に「スマートコネクター」が搭載されるとの情報はなく、今回のモックアップの信ぴょう性は非常に低いと考えられます。いいのか悪いのか一部情報においては、稼働している「iPhone8 Edition」の画像もリークしています。このことからも、内部仕様においてのサプライズはあるかもしれませんが、外部、つまりデザインにおいてのこれ以上のサプライズはあまり期待できないと考えたほうが無難そうです。

とはいえ、正式発表まであと僅かです。次期「iPhone8 Edition」の売り上げが今年のAppleのシェア率にも大きく影響し、下手をすると業界3位に転落するとも言われています。まずは正式発表を楽しみに待ちたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ベンチマークだけじゃない。Appleは「TrueDepthカメラ」でA…

  2. 次期「iPhone8」はやはり発熱問題が解決できていない模様!

  3. 次期「iPhone8」に搭載される「3Dセンサー」技術はQualcom…

  4. 次期「iPhone8」のホームボタンはオンスクリーンに!?「ファンクシ…

  5. さらに情報錯綜!次期「iPhone8」は「Touch ID」を廃止か!…

  6. 次期「iPhone8」の3Dタッチ液晶は60%以上のコスト増加か!?

  7. 次期「iPhone8」の「256GB」モデルは「16万円」に!?ちょっ…

  8. 次期「iPhone8」の最大のネックは液晶のサイズに!?「Home P…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA