日本での先行販売はなかった。「Xperia XZ1」シリーズの販売が最も早い国は「台湾」だった。

先日の情報では、「Android8.0」を搭載していることからも「Xperia XZ1」シリーズのカメラは「歪み」の問題が解消されていると予測されていましたが、「Xperia XZ premium」と同程度の歪みが発生していることが判明しています。今回「Xperia XZ1」シリーズの「台湾」における発売日が判明したのでまとめたいと思います。先日の情報は「SONYの嘘つき。「Xperia XZ1」にもカメラの歪み問題が発生。「Android8.0」のアップデートしてもだめかも。」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

発売日は「9月15日」に!

 

「Xperia XZ premium」の時から批判を受けていた「ベゼル」に関して、「Xperia XZ1」シリーズにも継承されており、残念がる声を多く聞きます。ただ一方で先日の情報では「Xperia XZ1」にベゼルが必要だった理由も判明しています。詳細は「「Xperia XZ1」にベゼルが必要だった理由が判明。でも待てよ。「Xperia XZ1 premium」も太いベゼルの可能性が!?」をご参照下さい。

さて今回ePriceによると、SONYが台湾で「Xperia XZ1」シリーズの発表イベントを開催したことにより、台湾国内での発売日が「9月15日」となっていることを報告しています。先日の情報において、アメリカでは「9月19日」で、イギリスでは「9月24日」とされていることからも、現時点で判明してい国の中で、台湾が最も早い発売日になるとされています。

ちなみに台湾国内での各キャリアの料金プランは発表されていましたが、SIMフリーモデルの価格に関しては、見方がいまいち分からなくてみつけられませんでした。しかしながら、他の国とそこまで価格差が生じることは考え難いので、「Xperia XZ1」は「7万8000円」程度、「Xperia XZ1 compact」は「6万7000円」程度になると考えらえています。

もともと「Xperia」の販売は従来、「イギリス」と「台湾」が早かったのですが、今回の「台湾」は順当としても「イギリス」がちょっと遅くなっているのは気になります。にしても日本国内における動向は未だつかめず、せめて今月中には新製品発表会を開催してくれるといいんですが。「Xperia XZ1」シリーズは日本での先行販売との情報もあったので期待していたので残念です。続報に期待しましょう。

 

LINEでも記事更新通知をしています。よければお友達登録して下さい。
友だち追加

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ちょっと面白いことに。ドコモ版「Xperia XZ1」が安くて「Xpe…

  2. 「Xperia XZ1 compact」のベンチマークがリークか!?

  3. 「Xperia XZ1」の最大の評価は「電池持ち!?電池容量は大幅に減…

  4. SONYの嘘つき。「Xperia XZ1」にもカメラの歪み問題が発生。…

  5. 「Xperia XZ premium」と同じにの轍を踏むのか!?「Xp…

  6. 日本国内で購入が可能に!「Xperia XZ1」の発売が開始に!

  7. 実機画像がリーク!「Xperia XZ1」はスルーして「Xperia …

  8. 朗報!「Xperia XZ1 compact」はついに「au」からも発…

コメント

    • 匿名
    • 2017年 9月 11日

    ベゼルレスはデメリットも多いので近未来的な見た目重視で安易にベゼルレスにするのは個人的には反対。
    音量問題もあるが音より片手での操作性が格段に落ちる。
    誤タッチのリスク増大はもちろんだが指の関節の可動範囲とスマホを支える為に必要な握り方を考えるとベゼルレスが支える場所が少なく指が届きにくいデッドゾーンがベゼルのある状態より広いことに気づくだろう。

    一方でカメラの歪みは無いに越したことは無い。
    ただレンズでの補正とソフトウェアでの補正とでは画質に差が出る。
    絵柄がプリントされた風船を膨らませた時をイメージしたら解りやすいかも知れないが
    例えばゴムにシートに曲線を描き、伸ばしたり縮めたりして直線に補正しても元々直線で描いたものとは違い
    伸びて線が太くなり不鮮明になる部分と縮んで線が細くなり鮮明な部分ができてしまうのと同じ。
    光学的な補正はソフトウェアでの補正よりこのような画質への影響が少ない。

    だから単純にソフトウェアで補正することが正解とは限らない。
    場合によっては部分的な画質が落ちることになる。
    画質を極力損なわず根本的な解決をするにはやはりレンズそのものの設計を見直すことが必要。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA