結構人気だったみたい。韓国で「Galaxy Note FE」が終売へ。グローバル展開は!?

昨年炎上騒ぎを起こして完全リコールとなった「Galaxy Note7」の改装版として今年の7月に韓国で発売を開始した「Galaxy Note FE」ですが、そこまで価格が安くなかったにも関わらず、韓国では終売を迎えたとの情報が入ったのでまとめたいと思います。先日までの情報は「SAMSUNGが「Galaxy Note FE」を正式に発表!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

韓国では終売へ!

 

先日の情報では、「Galaxy Note FE」はまず韓国市場限定で40万台で販売し、その売り上げの動向をみつつ今後グルーバル展開をするかどうか判断すると予測されています。詳細は、「「Galaxy Note FE」は韓国で販売が好調に!?グローバル展開は!?」をご参照下さい。さて今回SamMobileによると、韓国で「Galaxy Note FE」が終売したことを報告しています。

このことからも、40万台と台数限定でしたが、発売開始して約2ヶ月で早くも完売したということになります。「Galaxy Note7」の改装版ということからも、リコール問題で回収したパーツを再利用しているイメージが強いかもしれませんが、「Galaxy Note FE」に使われているパーツは、すべて未使用のパーツになります。そのため、今後の「Galaxy Note FE」を増産するためには、パーツの生産が必要になるとも言えます。

しかしながら今回の情報によると、「Galaxy Note FE」のためのパーツの生産はストップしており、少なくとも韓国市場においては終売したと考えて間違いなさそうです。一方で先日の情報では、グローバル展開も視野に入れているとされていましたが、「インド」市場を含めて、現時点では判然としない状態になっているとしています。

ただ本命である「Galaxy Note8」の発売を直前に控えてこのタイミングで終売になるのは、SAMSUNGにとってはむしろ絶好のタイミングとも言えます。少なくともこれで「Galaxy Note8」の販売に集中することができるからです。韓国市場において、まだはっきりとした「Galaxy Note8」の価格が判明していませんが、少なくとも「Galaxy Note FE」よりはかなり高額な価格設定になることは間違いありません。

SAMSUNGとして気にするとすれば、「Galaxy Note8」の潜在的顧客がどれだけ「Galaxy Note FE」に流れてしまったかどうかだと考えられます。正式な発売まであと僅かです。続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. SAMSUNG「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」のコード…

  2. 「Galaxy S9」はモジュール機能に対応か!?

  3. SAMSUNGが「Galaxy Note FE」を正式に発表!

  4. SAMSUNGが早くも「Galaxy S9」の開発に着手か!?

  5. 「Galaxy Note7R」のコストは「Galaxy Note7」の…

  6. SAMSUNGは、インフィニティディスプレイを搭載した超コンパクトGa…

  7. どのようなメリットがあるのかな?世界初折りたたみ式スマートフォン「Ga…

  8. 悲報!発売直後の「Galaxy S8」シリーズに不具合が多数見つかる!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA