• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • 「iPhone8 Edition」の電源ボタンが大きくなった理由が判明!?ジェスチャー機能を搭載か!?

「iPhone8 Edition」の電源ボタンが大きくなった理由が判明!?ジェスチャー機能を搭載か!?

先日にようやくAppleから正式にイベントの招待状が配布されて、次期「iPhone8」シリーズを含めた新デバイスが「9月12日」に発表されると予測されています。その中でも筆頭である次期「iPhone8 Editon」の電源ボタンについて最新情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「Appleが「9月12日」にイベントを開催を告知したので新デバイスの情報をまとめてみた。個人的に注目は「iPhone7s Plus」!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

電源ボタンにジェスチャー機能が統合か!?

 

先日の情報では新型iPhoneのうち、マイナーアップデート版は「iPhone8」と「iPhone8 Plus」、そしてプレミアムモデルは「iPhone 8 Editon」になると予測されています。詳細は「今年発表が予測されている次期「iPhone」の名称は「iPhone8」シリーズに統一か!?」をご参照下さい。さて今回9To5Macによると、開発者の一人であるGuilherme Rambo氏によると、「iPhone8 Editon」の電源ボタンには新たにジェスチャー機能が統合されている可能性が高いと報告していることが判明したとしています。

 

 

今回の情報によると、「電源ボタン」に「Siri」を起動するためのジェスチャー機能のコードが判明したことを報告しています。確かに現行の「iPhone7」シリーズまでは「Siri」の起動は電源ボタンに統合されており、次期「iPhone8 Editon」は「ホームボタン」がなくなるため、どこに統合するのか気になっていました。その答えがまさに「電源ボタン」になるということですね。

またモックアップがリークした時点から今まで、なぜ「iPhone8 Editon」の「電源ボタン」が大きくなっているのか判然としない状況にあります。その理由の一つとして「Siri」を統合すること。つまり複数の操作性を持たせるために、ボタンを大きくしたと考えれば納得できます。ただ「電源をきる」と「Siriの起動」の区別をどうするのか判然としませんが、慣れないうちは、誤って「電源をきる」という状態になりかねないとも考えられます。

ただ一方で「Hey Siri」があるためそこまで気にする必要はないかもしれませんが。このほかに「電源ボタン」に何かしらのジェスチャー機能が統合されているかどうかは判然としませんが、物理ボタンが減っている中で、今まであまり重要性を感じられなかった「電源ボタン」が活躍するのかもしれません。

 

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧