「Xperia」の名称をつけて欲しかった!SONYがBluetoothイヤホン「WF-1000X 」を発表に!

先日開催されたプレカンファレンスでは「Xperia XZ1」と「Xperia XZ1 compact」が発表され大きな注目を集めていますが、一方でメインイベントである「IFA」においては新型のイヤホンを発表しています。今回完全にBluetoothイヤホンである「WF-1000X」を発表したのでまとめたいと思います。先日のプレカンファレンスについては「「XZ」シリーズの集大成へ!?発売日が待ち遠しい!「Xperia XZ1」がついに登場!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

デジタルノイズキャンセリングに対応!

 

今回SONYは世界で初の「デジタルノイズキャンセリング」を搭載したケーブルレスのイヤホンである「WF-1000X」を正式に発表しました。今年の上半期に開催されたMWC2017でデモ展示されていたものが、実際に製品化された形になります。何よりその最大の特徴は「ケーブルレス」であること。そして「デジタルノイズキャンセイルング」に対応していることです。

 

 

上記の動画を確認して頂くとわかりますが、使用しているシーンに合わせて、「音楽」の音量を調整できることに加え、「周囲の音」または「声」を取り込むことが調整できることが可能になっています。そのため、失礼にあたるかどうかは別として、いちいちイヤホンをはずすことなく、人と会話したりすることもできます。何より「カナル式」を採用しているため、周囲の音が聞こえなくなりにくくなる中、この辺の配慮は非常に嬉しいですよね。

 

「Xperia」の称号が欲しかった。

 

本体の再生時間は「3時間」と非常に短く、使用しない時は専用ケースで充電することになります。専用ケース含めて最大9時間使用することになっていますが、「Xperia Ear」や「Air Pods」と比較すると非常に短く感じてしまいます。先日の情報では「Xperia Ear」のDuoが発表されるとの情報があったことから、非常に期待していたのですが、実際発表されたのは「WF-1000X」でした。

「Xperia Ear」と一緒かとも思いきや、「WF-1000X」はペアリングしているスマートフォンの音声アシスタントに依存するため「Xperia Ear」ほどの使用感はありません。ただ、音声アシスタントが少なくとも使えることに加え、さらに「音楽」を聞くことに特化しているため、「Xperia Ear」以上に人気が出ると予測されます。

価格に関しては日本円で約「2万8800円」となっており、まずはヨーロッパから9月中に発売を開始するとしています。日本での発売には言及されていませんが、かなり期待できると思います。続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「Beats X」の在庫状況は!?

  2. iPhoneの新型純正ケースを開発か!?

  3. 次期Apple Pencilはケース不要に!?

  4. Air Pods充電ケース専用ケースが発売に!

  5. Beats新型イヤホン「Beats X」 発売日確定か!?(追記あり)…

  6. 次期「Apple TV」は9月に発表か!?iTunesが「4KHDR」…

  7. WWCD2017でApple TVが「Amazon プライム・ビデオ」…

  8. Air Podsの店頭発売は本日からか!?(追記あり)

コメント

    • よーすけ
    • 2017年 10月 29日

    AACのみでハイレゾに対応していないのでXperiaの名前はつけられないでしょう…。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA