次期「iPhone8」は「iOS11」でiPadのような「Dock」機能を搭載か!?

先日の情報では、次期「iPhone8」の大きな特徴の一つとして「ワイヤレス充電」に対応すると予測されています。一方で「iOS11」によって次期「iPhone8」のインターフェイスが従来と比較して大幅に変更される可能性がでてきたのでまとめたいと思います。先日の情報は「次期「iPhone8」のワイヤレス充電は「急速充電」に対応していない!?また「Apple Watch」との共用も!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「Dock」機能が搭載か!?

 

ほぼ全貌が明らかになりつつある次期「iPhone8」ですが、先日正式発表されたSAMSUNG「Galaxy Note8」と比較した動画が公開され、現時点で判明している「スペック」・「デザイン」を考慮した上で次期「iPhone8」のほうが大きくアドバンテージを持っていると考えられています。詳細は「次期「iPhone8」と「Galaxy Note8」の比較動画が公開に!?案外「Galaxy」も悪くはない。」をご参照下さい。

さて今回Bloombergによると、次期「iPhone8」は新たしいインターフェイスを採用している可能性が高く、「iPad」が対応する予定になっている「Dock」機能が実装される可能性が高いと報告しています。また「Dock」の下の部分に、細いバーのようなものが表示され、このバーを操作することによって、「マルチタスク」の切り替えや「「ロック画面」の解除などが行えるようになるとしています。

 

 

 

また合わせて現時点まで判明しているリーク情報をまとめた図も合わせて公開しています。個人的には上記の図においても確認することができますが、「電源ボタン」のデザインが変更されたことが非常に気になります。現時点での情報においては、電源ボタンのデザインが変更された理由は判然としない状況にあります。

ダブルタップによる画面の点灯や、仮想ホームボタンなど、すでに「Android」で搭載されている技術も改めて実装されることになると考えられています。先日の情報は正式発表は「9月12日」になると予測されています。歴代最も高い価格設定になると予測されている「iPhone8」にどれだけ需要が集中するのか今から楽しみです。先日の情報は「次期「iPhone8」の発表日は「9月12日」か!?さらにティム・クックはすでに使用中!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 6月に開催されるWWCD2017で次期「iPhone8」が発表か!?

  2. 次期プレミアムモデルの名称は「iPhone X」で確定の模様。

  3. 次期「iPhone8」の最大のネックは液晶のサイズに!?「Home P…

  4. 「Home Pod」のファームウェアから新たな記述が発見!次期「iPh…

  5. インカメラでも「4K」が撮影可能に!?次期「iPhone8」は最高のセ…

  6. 次期iPhone8は「TouchBar」機能を搭載か!?

  7. 確定デザインを採用した「iPhone8」のモックアップが登場!これなら…

  8. 新型iPhone8はApple Pencilにも対応か!?さらにジェッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA