次期「iPhone8」のバッテリー容量が判明に!?電池持ちは期待できるかも。

以前からの情報では次期「iPhone8」はマザーボードが大きく変更され、それに伴いバッテリーが「階層式」になると予測されていました。さて今回、次期「iPhone8」に搭載されるバッテリーについて最新の情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「次期iPhone8は大型バッテリーを搭載か!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

バッテリー容量は「2700mAh」に!?

 

次期「iPhone8」は「ワイヤレス充電」に対応すると予測されていますが、先日の情報では、残念なことに「ワイヤレス充電」時において急速充電には対応しないとされています。詳細は、「次期「iPhone8」のワイヤレス充電は「急速充電」に対応していない!?また「Apple Watch」との共用も!?」をご参照下さい。さて今回GeekBarによると、次期「iPhone8」のバッテリー容量は「2700mAh」になると報告しています。

今回の情報によると、次期「iPhone8」に搭載されるバッテリーは「L字型」を採用するとしています。このことに関しては事前情報と一致しています。また現行の「iPhone7」のバッテリー容量が「1960mAh」で、「iPhone7 Plus」のバッテリー容量が「2900mAh」となっていることからも、「iPhone7 plus」よりは僅かに小型のバッテリーを搭載していることになりますが、本体の大きさが「iPhone7」とほぼ同じことからも、かなり大容量のバッテリーを搭載することになります。

少なくとも現行発売されているスマートフォンの中で最も電池持ちがよいとされているのが「iPhone7 Plus」になります。このことからも次期「iPhone8」の電池持ちは「iPhone7 plus」と同程度になると予測することができます。懸念点があるとすれば、「ディスプレイサイズ」が「5.8インチ」に拡大されていることと「有機ELディスプレイ」を搭載していることです。

一方で次期「iPhone8」に搭載が予測されている「A11チップ」は消費電力効率が約「30%」程度改善されるとされています。このことからも懸念点を考慮した上でも高水準のバッテリーライフを期待することができます。次期「iPhone8」はバッテリー含め、内部構造が一新されると予測されています。このことも原因の一つとしてコストが増加し、本体代が高くなるとも予測されています。詳細は「やはり次期「iPhone8」は「10万円」超えは必須か!?さすがにSIMフリーを買うのは厳しいかも。」をご参照下さい。

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 次期「iPhone8」の量産開始は「9月」の「第3週」から開始!?つま…

  2. ベンチマークだけじゃない。Appleは「TrueDepthカメラ」でA…

  3. かなり高いけど。「iPhone X」の在庫あり。

  4. 驚愕。「iPhone X」の予約特典が「Air Pods」に。

  5. 次期「iPhone8」に搭載される「A11」チップの製造を開始か!?

  6. 次期「iPhone8」の最大のネックは液晶のサイズに!?「Home P…

  7. 次期「iPhone8」は思っていた程売れない!?やはり価格がネックか!…

  8. 次期「iPhone8」のワイヤレス充電はデフォルト機能ではない!?別途…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA