• HOME
  • ブログ
  • Xperia
  • 今までの「ミドルレンジ」と一味違う!日本での発売を期待したい「Xperia XA1 Plus」が正式発表!

今までの「ミドルレンジ」と一味違う!日本での発売を期待したい「Xperia XA1 Plus」が正式発表!

事前情報では、プレカンファレンスで発表される「ミドルレンジモデル」は「Xperia X1」になると予測されていましたが、直近になって正式名称が「Xperia XA1 Plus」であることが判明しました。今回ついにその全貌が明らかになった「Xperia XA1 Plus」についてまとめたいと思います。先日の情報は「「Xperia XZ1」シリーズと同時に発表されるミドルレンンジモデルの正式名称が判明!「Xperia XA1 Plus」!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

今までの「ミドルレンジ」とは雰囲気が違う!

 

「ディスプレイサイズ」が「5.5インチ」とその名称からも「Xperia XA1」と「Xperia XA1 Ultra」の丁度中間に位置する機種であることは容易に想像がつきますが、なぜこの名称で、この時期に発表したのかは判然としません。スペックにおいては「MediaTek helio P20」を搭載していることは共通ですが、販売地域によって分けるのか、RAMが「4GB」でストレージが「32GB」のモデルとRAM「3GB」でストレージ「64GB」の2つのモデルに分かれています。

本体サイズは「155 x 75 x 8.7 mm」で重さが「190g」となっており、同じ「ディスプレイサイズ」を搭載している「Xperia XZ premium」と比較して「本体サイズ」はほぼ変わりがありませんが、本体の厚みが「7.9mm」から地味に分厚くなっています。これは電池容量が「3430mAh」と地味に大型化していること影響も考えられますが、でもその割には重さは差がないです。

「ディスプレイ」に関しては「FHD」となっており、ミドルレンジモデルであるため「HDR」には対応していません。カメラに関しては「Motion Eye」を搭載することはありませんでしたが、「2300万画素」と高画質の写真を撮影することができます。そして何より驚きなのが、「ミドルレンジモデル」としては初めて「指紋認証」が搭載されています。「指紋認証」が「電源ボタン」に統合されていることからも、「ハイエンドモデル」、「ミドルレンジ」モデルとデザイン上大きな差がなくなったと考えらます。

その他「防水・防塵」に非対応であること。また「ハイレゾ」にも非対応であるなど、ミドルレンジモデルであることを考えると妥協しなきゃいけいない点もあります。ただそうだとしても非常に魅力的な仕上がりとなっており、価格次第では非常に人気が出るとも考えられます。現時点では日本での発売は判然としない状況にありますが、ホワイトペーパーが公開され改めてまとめたいと思います。

 

LINEでも記事更新通知をしています。よければお友達登録して下さい。
友だち追加

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧