発表直前!「Xperia XZ1」はベゼルは太い上にバッテリーが小型化で電池持ちも劣化に!?

先日公開された「Xperia XZ1」の実機画像より、「ベゼルレス」デザインを採用されるどころか、むしろベゼルが太くなっていることが判明しています。発表を直前に控えた上で、さらに詳細なスペックがリークし、電池容量がさらに減少していることが判明したのでまとめたいと思います。先日の情報は「特に進化はない!「Xperia XZ1」の鮮明な実機画像がリーク!さらにスペックも!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

バッテリーがさらに小型化!?

 

先日の情報では、スペック上において「Xperia XZ premium」や「Xperia XZs」より大きな進化がないとされている「Xperia XZ1」ですが、ストレージに関してはXperiaシリーズとして初めて「128GB」に対応する可能性があると予測されています。詳細は「「Xperia XZ1」の大きな進化点!?ストレージは「128GB」に対応か!?」をご参照下さい。

さて今回リーカーとして有名なRoland Quandt‏ 氏が発表を直前に控えた「Xperia XZ1」の先日の情報で判明しなかった詳細なスペックを自身のTwitterで公開していることが判明しました。

 

 

今回の情報によると、「ディスプレイサイズ」は「5.2インチ」で表示解像度は「FHD」になるとしています。ただ「HDR」に対応していることが今回新たに判明しました。また本体の厚さは「7.4mm」で、本体の重さは「156g」になるとしています。ちなみに「Xperia XZs」の厚さは「8.1mm」で重さは「161g」となっていることからも「Xperia XZ1」は薄型・軽量化されていることになります。

一方で非常に残念なのが「電池容量」です。「Xperia XZs」の電池容量が「2900mAh」に対して「Xperia XZ1」は「2700mAh」と小型化されていることになります。「Xperia XZs」は「snapdragon820」を搭載しているのに対して、「Xperia XZ1」は「snapdragon835」を搭載しており、幾分か消費電力効率は改善されていると考えられますが、電池容量が小型化したことによって、電池持ちが悪化したと体感する可能性が非常に高いと考えられます。

本体の薄型・軽量化は賛成です。しかしながら前モデルと同じ稼働時間でありながら、本体が軽くなりましたというアピールより、ユーザーとしては軽くならなくていいので、その分電池持ちをさらに伸ばしてほしいと考えてしまいます。事前情報において「Xperia XZ1」は魅力がない仕様になっていますが、SONYがどのようなプレゼンをするのか非常に楽しみです。正式発表を楽しみに待ちましょう。

 

LINEでも記事更新通知をしています。よければお友達登録して下さい。
友だち追加

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 不名誉?アメリカで初の「Android8.0」を搭載したXperia …

  2. 「Xperia XZ1」の大きな進化点!?ストレージは「128GB」に…

  3. 不具合?それとも単なる故障?「Xperia XZ1」が再起動を繰り返し…

  4. 思ったより安くて欲しくなってきた。香港版「Xperia XZ1 com…

  5. 「Xperia XZ1」のバックシェルがついにリーク!デザインに大きな…

  6. 実機画像がリーク!「Xperia XZ1」はスルーして「Xperia …

  7. もしこのデザインを採用していたなら「Xperia XZ1」は間違いなく…

  8. 早くもクレーム続出!やっぱりそうだよね。「Xperia XZ1」のカメ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA