• HOME
  • ブログ
  • Apple Watch
  • 「watchOS4」でより多くのワークアウトに対応!?「Apple Watch」はスポーツする時の必需品に!?

「watchOS4」でより多くのワークアウトに対応!?「Apple Watch」はスポーツする時の必需品に!?

先日の情報では、次期「Apple Watch series 3」は「Wi-Fi Cellular」モデルが追加され「LTE接続」ができるようになることが大きな特徴になると予測されていますが、今回、「ワークアウト」においても大幅な強化が施される可能性があるのでまとめたいと思います。先日の情報は「「Apple Watch series 3」の「Wi-Fi Cellular」モデルは「SIMトレイ」を非搭載か!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

ワークアウトが強化に!?

 

先日の情報において、次期「Apple Watch series 3」の「Wi-Fi Cellular」モデルは、「3G」接続に対応しないことからも販売地域と販売店が限定される可能性が非常に高いとされています。詳細は「次期「Apple Watch series 3」は地域限定発売に!?さらに販売店も限定の可能性が!?」をご参照下さい。さて今回9To5Macによると、「iOS11」のベータファイルの中から、「Apple Watch」のワークアウト用のアイコンが発見されたことを報告しています。今回判明したアイコンより、対応が予測されるスポーツは以下のようになります。

 

・アメリカンフットボール
・ゴルフ
・体操
・セーリング
・スキー
・スケート
・パドルスポーツ
・ピラティス
・縄跳び
・キックボクシング
・ラクロス
・サーフィン
・ステップトレーニング
・バドミントン
・ボーリング
・バレエ
・野球
・ボクシング
・クライミング
・コアトレーニング
・クリケット
・クロスカントリースキー
・バスケットボール
・カーリング
・サイクリング
・ダンス/ダンス系トレーニング
・ダウンヒルスキー
・フェンシング
・釣り

 

個人的にはあまり聞き覚えのないスポーツまで追加されていますが、Appleとしてはいかなるスポーツ時においても、「Apple Watch」で動きを計測することができるとアピールしたいと考えられます。ただ、「アメリカンフットボール」の時につけていたら、それだけで「Apple Watch」がぶっ壊れてしまいそうですけどね。一方で動きの少ない「釣り」とかは、あまりアクティブに計測したいと考えるユーザーが少ないのではないかとも考えてしまいます。

「iOS11」のベータ版から発見されていることから、そう遠くない未来に実装されると考えられますが、そのタイミングは判然としません。ただ直近においては「watchOS4」のリリースのタイミングがまず一つ目のタイミングだと考えられます。続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧