どうしても「Xperia XZ premium」と一緒に使いたい「wena wrist」だけど購入に踏み切れないたった1つの理由。

「Apple Watch series 2」が日本で展開される以前に「おサイフケータイ」が使える革新的な時計として存在していたSONY「wena wrist」ですが、やはり「Xperia」ユーザーとして、スマートウォッチもSONYで揃えたいところです。今回、「Xperia」と一緒に使いたけど、どうしても購入に踏み切れない理由をまとめたいと思います。「wena wrist」の詳細は、「SONY製スマートウォッチ「wena」の魅力!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

どうしても購入にふみきれない理由。

 

当初はどちらかといえば男性向けのデザインを採用していた「wena wrist」ですが、先日には「女性向け」のデザインを採用した新型モデルを発表しました。詳細は「SONY製スマートウォッチ「wena wrist Three Hands Square」が発売に!」をご参照下さい。さて今回Xperiaユーザーとして、ぜひ一緒に使いたい「wena wrist」が購入に踏み切れない理由をまとめたいと思います。

「wena wrist」は複数の電子マネーに対応しているスマートウォッチであり、主に「楽天Edy」・「ID」・「QUICPay」になります。ユーザーにとって使用頻度が高い電子マネーは異なると思いますが、私個人が日常使う上で最も使う電子マネーは「Suica」です。つまり「Suica」に対応していないのが購入に踏み切れないたった1つの理由です。

「wena wrist」は初期設定時においてこそ「iPhone」などの「iOSデバイス」が必要となりますが、初期設定以降は「Android」、つまり「SIMフリー」モデルでも使用することが可能になります。ここは大きな魅力の1つですよね。一方で私は現在国内版のXperiaを使用しています。国内版を使用しているならは、スマホ本体で「Suica」を使えばいいじゃんというアドバイスをよく受けます。

しかしながら「Apple Watch series 2」で「Suica」を使用した時がある方はお分かりになると思いますが、「便利」以外の言葉が見つかりません。電車を乗るにも、バスに乗るにも、飲み物を買うにも、すべて「Apple Watch series2」で完結することができます。また勤務先では、「Suica」は使えませんが、「ID」と「QUICPay」は使用することができます。

つまり出勤からの仕事、そして退勤とよほどのイレギュラーなことがない限り、まさに財布いらずで、「Apple Watch series 2」で完結することができます。私の生活圏内において、近所のスーパーは「Suica・PASMO」は使用することができますが、「楽天Edy」を使用することはできず、尚更「ID」や「QUICPay」を使用することもできません。至る所「Suica」を使用する頻度が他の電子マネーと比較して圧倒的に高いです。

統計的にみると「ID」が全国「74万箇所」・「QUICPay」が全国「50万箇所」、そして「Suica」が「25万箇所」と圧倒的に「Suica」が使える場所が少ないにも関わらず、私の生活環境においては「Suica」が使えるところがほとんどです。むしろコンビニを除いたら「ID」と「QUICPay」を使う機会はほとんどありません。

 

スポンサードリンク



 

デザインはかなり優秀。

 

「Apple Watch series 2」は「ディスプレイ」を搭載しているためいかにもスマートウォッチというデザインをしていますが、「ディスプレイ」を搭載していることがメリットの1つでもあります。一方で「wena wrist」は「ディスプレイ」を搭載していません。また電子機能自体は「バンド」に集約しているため、時計本体は普通の時計です。そのため使用シーンが限定されないことが大きなメリットでもあります。

また通知機能は「ディスプレイ」がない分、LEDランプの点灯とバイブレーションと非常にシンプルですが、逆に分かりやすいと考えられます。そして何より電池持ちは「Apple Watch」と比較にならないほどよく、「おサイフ」機能と「通知機能」に限定すれば約「2週間」持つため、毎日充電する必要がありません。ここも大きなポイントです。

一見普通の時計に見える「wena wrist」は、「おサイフケータイ」を搭載しているため「電子マネー」が使える。そして「使用シーン」を選ばない。さらに「電池持ち」がかなりいいと、魅力的なポイントがあります。一方で私個人としての最大のデメリットはやはり「Suica」に対応していないこと。もうこの際、「Suica」だけは「Xperia」本体で割り切って使うか。でもそれだと一貫性がなくてなんか気に食わないというか。

とりあえず「beams」との新しいコラボがでましたよね。めちゃくちゃかっこよくてかなり物欲を刺激されています。とりあえず、冬のボーナスまで待つかどうか日々頭を悩ませたいと思います。よければみなさんのアドバイスをお待ちしています。

 

アドバイスはこちらから!
友だち追加

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「Xperia XZs」と「Xperia XZ premium」の発売…

  2. SIMフリー版「Xperia XZ premium」は「クロム」が人気…

  3. オーストリアの「Xperia XZ premium」の予約特典はPS4…

  4. Etorenで「Xperia XZ premium」が安い!「Xper…

  5. まさに未来を予感させるデザインに!?「Xperia XZ premiu…

  6. 渋谷で「Xperia XZ premium」のタッチ&トライ…

  7. 「Xperia XZ premium」にも搭載!SONYが小型のバッテ…

  8. マジシャンもお手上げ!?「Xperia XZ premium」のスーパ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA