事前情報通りだけど「Xperia XZ1」は完敗か!?SAMSUNG「Galaxy Note8」を正式発表!

事前情報通り、本日SAMSUNGがアンパックを開催し、下半期の命運を占う「Galaxy Note8」を正式発表しました。ほぼ事前情報通りとなっていますが、より詳細な仕様が判明したのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

スペックは事前情報通り!

 

「Galaxy S8」シリーズで初めて採用された「インフィニティディスプレイ」を「Galaxy Note8」でも採用しており、「ディスプレイサイズ」は「6.3インチ」と「Galaxy S8+」の「6.2インチ」と比較すると僅かながら拡大しました。もちろん「有機ELディスプレイ」を採用しており、表示解像度は「QHD」となっています。一部の情報では「4K」に対応するとの情報もあったので、「QHD」に留まったのは正直残念です。

RAM「6GB」で販売地域によって、ストレージが「64GB/128GB/256GB」となっていますが、ベースモデルは「64GB」となっています。CPUは「snapdragon835」を搭載しているため、現状においては最もハイスペックな「snapdragon」を搭載していることになります。このことからも下り最大通信速度は「1Gビット」に対応しています。「IP68」相当の「防水・防塵」機能に対応しており、充電規格は「USB-C」。さらに急速充電に対応した「ワイヤレス充電」を搭載しています。

「Galaxy S8」シリーズと比較すると、緩やかな「Edge」スタイルではなく、本体の端の部分だけ急に「Edge」スタイルになっています。これは「S-Pen」に対応するためであり、「S-Pen」自体も筆圧感知が「4096」段階と大幅に進化しています。

本体サイズは、「162.5×74.8×8.6mm」となっており、「インフィニティディスプレイ」の恩恵もあり、「6.3インチ」の大画面を搭載しているにも関わらず非常に持ちやすい仕様になっています。ちなみに「iPhone 7 Plus」の横幅が「77.9mm」となっています。重さは、「195g」で本体のサイズ感からすると決して重いという印象にはならないと考えられます。

電池容量は「3300mAh」とちょっと心もたない感じもしますが、安全性+「S-Pen」の収納部分の確保のために最適な容量とも考えられます・本体カラーは「ブラック」・「ゴールド」・「ブルー」・「オーキッドグレー」の4色展開で、先日の情報を考慮すれば、一つのキャリアで「2色」展開が妥当だと考えられます。先日の情報は「発表直前!「Galaxy Note8」の公式パンフレットがリークか!?」をご参照下さい。

 

カメラが大きな進化を!

 

事前情報通り、「Galaxy」シリーズとして初めて「デュアルレンズカメラ」を搭載しました。「広角」と「望遠」の大きく2つの役割に分かれています。まず「広角」のほうは「デュアルピクセルセンサー」を搭載した「1200万画素」になっており、「F1.7」と広角だけではなく、暗所でも非常に明るい写真を撮影することができます。

次に「望遠」のほうは「1200万画素」となっており「F2.4」となっています。やはりズーム機能に特化しており「2倍ズーム」でも非常に精細な写真を撮影することができます。一見「iPhone 7 Plus」と同じ感じがしますが、大きな違いとしては「広角」と「望遠」、どちらのカメラとも「光学式手ブレ補正」に対応していることです。

そして「インカメラ」においては、「800万画素」と高画質に加え「F1.7」と自撮りにかなり適したフロントカメラとなっています。また「iPhone」でいう「ポートレート」モードである新機能「Live Focus」を搭載しました。

「デュアルレンズカメラ」のスペックとしてはまさに王道ですが、やはり「iPhone 7 Plus」を強く意識した仕様になっていると考えられます。またスローモーション撮影など、従来の機能も引き継がれています。

 

スポンサードリンク



 

「Xperia XZ1」とのライバル対決!

 

「Galaxy Note8」は「虹彩認証」や「顔認証」機能など、「Galaxy S8」シリーズから引き続き採用されています。ただ「指紋認証」の場所が「カメラレンズ」の横というのはやはり頂けません。「Xperia XZ premium」で初めて採用された「Motion Eye」を「Xperia XZ1」でも引き続き採用するとみられていますが、やはり「Galxy Note8」の「デュアルレンズカメラ」と比較すると、ちょっと見劣り感が否めません。

また同じく「snapdragon835」を搭載しますが、RAMが「6GB」と「Galaxy Note8」のほうが強化されており、ストレージも地域別であるとしても「3モデル」あるのは嬉しいところです。今年トレンドとなりつつある「ベゼルレスデザイン」の採用など、「Xperia XZ1」にはない機能を多く取り入れた「Galaxy Note8」は、好みの問題もありますが「スペック」的にも・「デザイン」的にも優っていると考えられます。

Xperiaファンとしては悲しいことですが、「Galaxy Note8」は最初から「iPhone8」に焦点を合わせており、「Xperia」なんて眼中にないのかもしれません。「Xperia XZ1」が発表されるまでいよいよ1週間となっています。事前情報がはずれるくらいのサプライズがあることに期待したいところです。

 

LINEでも記事更新通知をしています。よければお友達登録して下さい。
友だち追加

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧