「Galaxy Note8」は3モデル展開に!?つまり価格構成も3つのパターンに!?

いよいよ発表を直前に控えたSAMSUNGの次期フラッグシップモデルである「Galaxy Note8」ですが、先日の情報では、RAMが「6GB」のストレージ「256GB」の皇帝モデルが存在するとも言われています。今回、容量別の価格に関する最新情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「「Galaxy Note8」には「皇帝バージョン」が!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

容量構成で3つのモデルに!?

 

先日の情報では、オーストラリア向けの公式パンフレットがリークし、「デザイン」・「スペック」に関して改めて事前情報と相違がないことが確定しました。また、1つの国でだいたい2色ずつ展開されると予測されています。詳細は「発表直前!「Galaxy Note8」の公式パンフレットがリークか!?」をご参照ください。さて今回Android Headlinesによると、「Galaxy Note8」は容量構成によって3モデル存在し、少なくとも中国市場における価格が判明したと報告しています。

今回の情報によると、まず3つのモデル共通してRAMは「6GB」になるとしています。この上で、「ノーマル」モデルのストレージが「64GB」、「ハイエンド」モデルのストレージが「128GB」、そして「皇帝」モデルのストレージが「256GB」になるとしています。

次に価格に関しては「ノーマル」モデルが「6288元($ 941)」つまり日本円で「10万3000円」、「ハイエンド」モデルが、「7088元($ 1061)、つまり日本円で約「11万6000円」、そして「皇帝」モデルが、「7988元($ 1196)」、つまり日本円で約「13万円」になるとしています。しかしながら、SAMSUNGのデバイスは、他の市場より中国市場は価格が高めに設定されています。

このことからも、他の市場においてはもう少し安めの価格設定の可能性も考えられます。今回の情報によれば、今回の3つのモデルが他の市場で中国と同様に展開されるかどうかは判然としないとしています。少なくとも今までの流れを見れば「皇帝」モデルは市場が限定されると考えられます。また今回の情報では触れられていないませんが、搭載CPUによってさらに2つに分かれると考えられます。

このことからも「CPU」と「ストレージ」の違いで最大6つのモデルに分かれるとも考えられます。どのモデルがどの市場に展開されるかどうかイベントで発表されるかは判然としませんが、正式発表を楽しみに待ちたいと思います。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧