Xperia

アメリカで集団訴訟に!?一部のXperiaユーザーは本体代の50%を払い戻しができる!?

先日の情報では、アメリカ版のXperiaがなぜ「指紋認証機能」が無効化されているのか、それはAppleが出願していた特許の影響だとされています。今回アメリカ版Xperiaの「防水」表記に対して集団訴訟がおきていたのでまとめたいと思います。先日の情報の詳細は「アメリカ版「Xperia」の「指紋認証」が無効化されているのか!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

ソニーが集団訴訟で和解に!?

 

今月の「31日」にSONYはプレカンファレンスを開催し、「Xperia XZ1」と「Xperia XZ1 compact」が発表されると予測されており、非常に注目されています。詳細は「「Xperia XZ Ultra」は発表されず!?「Xperia XZ1 compact」は最高のコンパクトモデルに!?」をご参照下さい。さてそんな中Phone Arenaによると、アメリカ国内のおいて、「Xperia」の「防水表記」について集団訴訟が発生したと報告しています。

今回の集団訴訟の要因になったのは「防水表記」です。原告によると、通常の水での使用を想定された設計になっておらず、特定の国際耐水性評価を利用したとしています。今回の情報によると、水没など、水が起因となっている故障に関しての保証の期延長及び、デバイス本体代の50%の還元をSONYに要求することができるという流れになっています。ただし、以下のデバイスに限定されるとしています。

 

 

Xperia M2 Aqua

Xperia M4 Aqua

Xperia ZR

Xperia Z Ultra

Xperia Z1

Xperia Z1 Compact

Xperia Z1s (T-Mobile)

Xperia Z2

Xperia Z3

Xperia Z3 Compact

Xperia Z3 (T-Mobile)

Xperia Z3v (Verizon)

Xperia Z3 Dual

Xperia Z3+ Dual

Xperia Z3+

Xperia Z5

Xperia Z5 Compact

Xperia Z2 Tablet (Wi-Fi)

Xperia Z2 Tablet (LTE)

Xperia Z2 Tablet (Verizon LTE)

Xperia Z3 Tablet Compact (Wi-Fi)

Xperia Z3 Tablet Compact (LTE)

Xperia Z4 Tablet (Wi-Fi)

Xperia Z4 Tablet (LTE)

 

今回の保証を求めるユーザーは「アメリカ国民」、厳密にいえば市民権を持つユーザーに限定されるとしています。一般的に「防水」という表記において誤解をするユーザーが多いのも事実です。この辺に関しては、Appleも控えめで「耐水」という表記にしています。「表記」は別にしても「仕様」に関しては、国内版もグローバル版も基本同じです。今後の動向に要注目です。

 

LINEでも記事更新通知をしています。よければお友達登録して下さい。
友だち追加

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. MWC2018で発表!?「Xperia XA2 Ultra」のス…
  2. 新型Xperia「Xperia L1」の価格が判明!日本発売は!…
  3. SONYは新たな「Xperia Agent」を開発中か!?未発表…
  4. Xperia XA2の写真が流出か!?
  5. コスパ優秀!SONY「Xperia XA1」の在庫状況は!?価格…
  6. 「Xperia XA Ultra」に「Android7.0」が配…
  7. いろんな意味でやばい。これが実現したら逆に尊敬します。新型Xpe…
  8. 次期「Xperia XZ1 premium」に搭載される液晶のス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Twitter でフォロー

フリーランスになりませんか?

PAGE TOP