次期「Apple Watch series 3」の「Wi-Fi Cellular」モデルは電話はさすがにできないかも。

先日の情報では、次期「Apple Watch series 3」は「Wi-Fi Cellular」モデルと「Wi-Fi」モデルの2つのモデルになると予測されており、「Wi-Fi Cellular」モデルに関しては「販売地域」・「販売店」が限定されるとしています。今回この「Wi-Fi Cellular」モデルに関して最新情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「次期「Apple Watch series 3」は地域限定発売に!?さらに販売店も限定の可能性が!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

通常の電話はできない可能性が高い!

 

先日の情報では、次期「Apple Watch series 3」は、最終設計の段階に入っており、早ければ次期「iPhone8」と同時に9月に発表され、遅くても今年中には発売を開始すると予測されています。詳細は「次期「Apple Watch series3」は最終設計段階に!?大量生産直前か!?」をご参照下さい。さて今回MacRumorsによると、Apple関連のリーク情報で定評のあるKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が、次期「Apple Watch series 3」は「LTE」接続に対応するものの、通常の「通話」を行うことはできないと報告していることが判明したとしています。

今回の情報によると、「FaceTime」や「Skype」などの「VoIPサービス」に対応するとし、また現行の「Apple Watch」でも対応しているように「FaceTime」にも引き続き対応するとしています。また、、次期「Apple Watch series 3」は「LTE」に対応することにより、内部スペースの不足が予測されています。

このことから、次期「Apple Watch series 3」は、iPhoneと同じ電話番号を共有するように設定し、デバイスと、物理的なSIMスロットの代わりに「eSIM」を使用する可能性があると予測しています。「iPhone」と同じ電話番号を共有するように設定することが可能であれば、次期「Apple Watch series 3」の「Wi-Fi Cellular」モデルの料金体系も簡素化できると予測することができます。

ただやはり、「iPhone」から完全に独立することは難しいとも考えることができます。価格など気になる面も多々ありますが、依然として判然としない状況にあります。続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧