• HOME
  • ブログ
  • iPhone
  • 「iPhone7s」はケースの使い回しができない!?本体の材質変更で僅かに大きく!?

「iPhone7s」はケースの使い回しができない!?本体の材質変更で僅かに大きく!?

先日の情報で、「iPhone 7s」のバックパネルが「ガラス」に変更されていることが確認でき、「ワイヤレス充電」が搭載されていることがほぼ確定的な状態となっています。一方で、バックパネルの材質をガラスに変更したことによって本体のサイズが微妙に変更されていることが判明したのでまとめたいと思います。先日の情報は「ついにリーク!「iPhone 7s plus」のモックアップ!ガラス製のバックパネルを採用に!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「iPhone7s」は僅かに厚くなる!?

 

先日公開された次期「iPhone8」のモックアップ画像と同時に、「iPhone7s」シリーズのモックアップも多数公開されています。その中で大きなデザイン変更がないと予測されていた「iPhone7s」シリーズですが、バックパネルが「ガラス」に変更されている他に「サイドフレーム」がステンレススチールになっており、より質感が増していることが判明しました。詳細は「次期「iPhone8」シリーズの精彩なモックアップ動画が公開に!サイドフレームがかっこいい!」をご参照ください。

さて今回9To5Macによると、ケースメーカーからの情報として、本体サイズが現行の「iPhone7」より僅かに大きくなっていると報告しています。このことからもぱっと見デザインが一緒でも「iPhone7」のケースを流用できない可能性があるということになります。今回の情報によると、「iPhone7」の厚さが「7.1mm」に対して「iPhone7s」は「7.21mm」に変更されているとしています。

ちなみに「iPhone6」が「6.9mm」であり「iPhone6s」の時には「3Dタッチ」を搭載するために「7.1mm」と僅かに厚くなっています。つまり、「iPhone6」の時から比較すると徐々に分厚くなっていることになります。

また本体サイズに関しては、「iPhone7」が「138.31mm×67.14mm」に対して「iPhone7s」は「138.44mm×67.27mm」と僅かに大きくなっていることが確認できます。また本体の厚みが増えたことによって、カメラの出っ張りが「1.08mm」から「0.71mm」になるとされており、僅かながら目立ちにくくなるとされています。

今回の情報によれば、本体のサイズはほとんど変更がないというレベルですが、僅かにサイズが異なります。このことからも大半のケースは流用できると考えられますが、一部ケースは対応しない可能性も考えられます。続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧