次期「iPhone8」の大量生産中のバックパネルを撮影した動画が公開に!

長らく不明であった次期「iPhone8」のカラーラインナップですが、先日の情報では「ブラック」・「シルバー」・「ブラッシュゴールド」の3色展開になると予測されています。今回大量生産中のバックパネルを撮影した動画が公開されたのでまとめたいと思います。先日の情報は「次期「iPhone8」のゴールドモデルの正式名称は「ブラッシュゴールド」か!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

工場内で撮影された動画が公開に!?

 

先日の情報では、次期「iPhone8」とよばれているプレミアムモデルの正式名称は「iPhone 8 Edition」になるとされており、マイナーアップデート版が「iPhone8」になると予測されています。詳細は「今年発表が予測されている次期「iPhone」の名称は「iPhone8」シリーズに統一か!」をご参照ください。

さて今回、Apple関連のリーク情報で定評のあるBenjamin Geskin氏が、自身のTwitterでFoxconnの工場内部で撮影したとしている動画を公開していることが判明しました。今回公開された動画が以下の動画になります。

 

 

今回公開された動画から確認できることは、「縦長」の穴を確認できることから確かに次期「iPhone8」のものだと考えられます。製造行程に関する知識が全くないため、どの製造段階の状態を撮影した動画なのか判然としませんが、個人的にはバックシェルを乾かしているようにも見えます。特殊加工でもした後ということなのでしょうか。

少なくとも今回の動画に写っているバックシェルは「スペースグレー」のような色に見えます。これからカラーリングでもしていくのでしょうか。まただいぶ情報が錯綜していた、「Touch ID」が背面に搭載されるとの予測ですが、今回公開されたバックパネルにも「Touch ID」専用の「穴」を確認することをできません。このことからも、背面に「Touch ID」が搭載される可能性は低いと考えられます。

 

 

また製造ラインにおいて、人の手で次期「iPhone8」のバックシェルを磨いている動画も公開されています。この動画を確認しても、やはりカラーは「スペースグレー」のような色合いに感じてしまいます。現時点では、次期「iPhone8」のカラーラインナップに「スペースグレー」が含まれているとの情報はありませんが、個人的には、「ガラス」と組み合わせた「スペースグレー」はたまらなくカッコよく感じると考えられます。続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧