次期「Apple Watch series3」は最終設計段階に!?大量生産直前か!?

「Apple Watch」にとっての大きな転換期になると予測されている「Apple Watch series 3」ですが、様々な新機能を搭載して今年の9月に登場すると予測されています。今回、「Apple Watch series 3」の直近の情報が入ったのでまとめたいと思います。先日までの情報は「発売までもうすぐ!?「Apple Watch series3」の登場は9月か!?」をご参照ください。

 

スポンサードリンク



 

「Apple Watch series 3」は最終設計段階か!?

 

現行モデルである「Apple Watch series 2」においては「Apple Pay」への対応や「GPS」の搭載、「耐水機能の強化」など初代に比べて大きく進化しました。しかしながら、やはり「iPhone」あっての「Apple Watch」の立ち位置は変わらずになっています。このような状況において、先日の情報では、次期「Apple Watch series 3」は「LTE」接続に対応し、独自性が強化されるとしています。詳細は「やはり次期「Apple Watch series3」にWi-Fi Cellularモデルが追加か!?」をご参照下さい。

さて今回MacXによると、次期「Apple Watch series 3」は最終設計の段階に進んでおり、Appleにテスト用のサンプルを提出している段階にまで達していると報告しています。このことからも、AppleからGoサインさえでれば、大量生産を開始すると考えられます。今回の情報によれば、次期「Apple Watch series 3」の製造は、「Quanda」と「Compal」で受注競争をしているとしています。

現行モデル及び「初代」モデルにおいても「Quanda」が生産を請け負っており、ここに「Compal」が参加する形になります。次期「Apple Watch series 3」は、「デザイン」が大きく変更するとも予測されており、さらに「Touch ID」の搭載や、「血糖値測定」センサーなども搭載すると予測されています。また先日公開された「Home Pod」のファームウェアから、「スキー」や「ヨガ」など新しいスポーツにもアクティビティ機能が対応すると予測されています。

早ければ、次期「iPhone」のイベントと同時に発表されると予測されています。今まで「Apple Watch」に興味がなかったユーザーがどれだけ興味を持つ仕様になるのか今から楽しみです。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧