iPhone8

次期「iPhone8」のホームボタンの大きさは変更可能に!?ただファンクションエリアとの兼ね合い!?

先日の情報では、次期「iPhone8」のディスプレイサイズは「5.8インチ」になるとされており、実際にユーザーが使える表示領域は「5.15インチ」になり、新たに「ファンクションエリア」が搭載すると予測されています。今回この「ファンクションエリア」に表示される「ホームボタン」に関する最新の情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報、「次期「iPhone8」のホームボタンはオンスクリーンに!?「ファンクションエリア」との兼ね合いは!?」をご参照ください。

 

スポンサードリンク



 

「ホームボタン」の大きさの変更が可能に!?

 

先日の情報では、次期「iPhone 8」は「3色」展開になると予測されており、やはり「ホームボタン」が廃止され「ベゼルレスデザイン」が採用されていることが判明しています。詳細は、「次期「iPhone8」シリーズのモックアップがリークに!?背面の雰囲気を似た感じに!」をご参照ください。さて今回9To5Macによると、開発者のSteve Troughton-Smith氏が自身のTwitterで、次期「iPhone8」の仮想ホームボタンのサイズ及びレイアウトを変更できる可能性が高いと報告しています。

 

 

先日より、Appleによって公開された「Home Pod」のファームウェアから様々な「iPhone8」に関する情報が判明していますが、今回も同樣に「Home Pod」のファームウェアから判明したとしています。ただ今回の情報によると、現時点でユーザーが任意でどこまで設定を変更をできるか判然としない状況にあります。また「仮想ホームボタン」は「ファンクションエリア」の中に表示されると予測されています。

このことからも、「ファンクションエリア」によって「仮装ホームボタン」の大きさやレイアウトが制限されると予測することができます。「iPhone7」のような物理式ホームボタンが廃止されることによって、次期「iPhone8」は、ダブルタップで画面を標示されることが可能になるとされています。個人的には「ファンクションエリア」の中に「ホームボタン」が限定されてしまうことを考えれば、正直そこまでホームボタンを廃止してまでの「ベゼルレスデザイン」には魅力を感じないと考えられます。

今回の情報は、「iPhone8」単独の設定になるのか、それとも「iOS11」に絡んでくるのか判然としません。ただ、9月のイベントでは今回の情報に対しても何かしらの発表があると考えられるので、続報に期待したいところです。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 次期「iPhone8」の新型「Touch ID」は液晶に統合で確…
  2. 「iPhone8」の「Touch ID」は電源ボタンに!?新たな…
  3. 「Home Pod」のファームウェアから新たな記述が発見!次期「…
  4. 次期「iPhone8」の「Touch ID」は背面に移動か!?
  5. 「iPhone8」の「Touch ID」はXperiaと同じく電…
  6. 次期「iPhone8」のホームボタンはオンスクリーンに!?「ファ…
  7. 「iPhone8」の量産開始時期が判明か!?発売日は遅れそう!
  8. 次期「iPhone8」はやはり発熱問題が解決できていない模様!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Twitter でフォロー

フリーランスになりませんか?

PAGE TOP