• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • インカメラでも「4K」が撮影可能に!?次期「iPhone8」は最高のセルフィー端末に!?

インカメラでも「4K」が撮影可能に!?次期「iPhone8」は最高のセルフィー端末に!?

先日の情報では、次期「iPhone8」のフロントパネルがリークし、「虹彩認証センサー」とインカメラの存在がはっきりと確認されています。一見、「虹彩認証」に注目しがちですが、今回、インカメラにおいても大幅に進化している可能性が高いとの情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「次期「iPhone8」のフロントパネルがリーク!虹彩認証センサーは3つ搭載か!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

インカメラでも「4K」撮影が可能に!?

 

先日Appleにより公開された「Home pod」のファームウェアから次期「iPhone8」の情報が次々と判明しており、事前情報通り「5.8インチ」のディスプレイを搭載することはもちろん「表示解像度」も判明したとされています。詳細は「次期「iPhone8」の最大のネックは液晶のサイズに!?「Home Pod」のファームウェアから表示解像度が判明!」をご参照下さい。

さて今回MacRumorsによると、次期「iPhone8」のインカメラに関しても「4K/60fps」の動画撮影に関する記述が「Home Pod」のファームウェアの中から判明したと報告しています。現行の「iPhone7」シリーズにおいては、背面のカメラが「4K/60fps」の動画撮影に対応していますが、インカメラに関しては「4K/30fps」になっています。

このことからも次期「iPhone8」ではより滑らかな動画を撮影することが可能になるとも考えられます。また先日発売を開始した新型「iPad Pro」において採用された最大「120Hz」のリフレッシュレートですが、次期「iPhone8」にも対応するのではないかと勘ぐってしまいます。今回の情報では、初めてインカメラに関するものでしたが、カメラの画素数などに関しては現時点では判明しています。

「VR」機能に対応するために「垂直型」の「デュアルレンズカメラ」を搭載すると予測されていますが、進化するのはアウトカメラだけではなく、インカメラも大きく進化することが予測されます。年々インカメラの進化が著しいですが、次期「iPhone8」に関しては、競合他社とは一段階先へいくことになります。セルフィーに特化している端末ではありませんが、「iPhone」はよりセルフィー端末として人気がでるとも考えられます。続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧