• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • 次期「iPhone8」は「3Dセンサー」ではなく「赤外線」を用いた「顔認証」を搭載か!?

次期「iPhone8」は「3Dセンサー」ではなく「赤外線」を用いた「顔認証」を搭載か!?

先日公開された「Home Pod」のファームウェアから、次期「iPhone8」の最新情報が徐々に判明しています。先日の情報より次期「iPhone8」はあらたに生体認証システムを搭載すると予測されていましたが、今回「顔認証」システムに関して新たな情報が判明したためまとめたいと思います。先日の情報は「次期「iPhone8」は新しい生体認証システム「Face ID」を搭載か!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「赤外線」を用いた「顔認証」を搭載か!?

 

先日公開された「Home Pod」のファームウェアから、長らく情報が錯綜していた次期「iPhone8」の「Touch ID」の搭載場所が少なくとも「ディスプレイ」には統合されていないことが判明しています。詳細は「次期「iPhone8」はディスプレイに「Touch ID」が統合されていないことが判明に!」をご参照下さい。さて今回MacRumorsによると、次期「iPhone8」は「顔認証」システムを搭載することが判明し、その認証には「赤外線」が用いられることが判明したと報告しています。

今回の情報は、開発者が上記の画像のコードを見つけたことに始まります。上記の画像は「FaceDetect」というメソッドを確認することができ、顔がカメラに近すぎる、あるいは遠すぎる、複数の顔があるといった状況を認識させるためのメソッドであると考えられます。このことからも「顔認証」システムを搭載することはほぼ確定だと考えられます。

一方で、今回の記述の中から「赤外線」に関する記述も見つかっており、「顔認証」システムの認証に「赤外線」が使われると考えられます、事前情報では「3Dセンサー」が搭載され、人物の顔を「3D」で認識することが可能になるため、写真などでのご認証や、正面以外での横顔やななめの角度でも認証がしやすくなると言われていましたが、今回の情報では「3Dセンサー」は搭載されないと考えられます。

現に「3Dセンサー」に関しては、開発・製造においてかなり難航しているとの情報もあったため断念したとも考えられます。ただ今回の情報でも判然としないのが「Apple Pay」をどの生体認証に統合するかという点です。現時点では「Touch ID」の搭載場所も判然とせず、そもそも搭載されず、「顔認証」と「虹彩認証」に変わるとも予測されています。

このことを考慮すると、「顔認証」と「虹彩認証」ではセキュリティーにおいてやはり不安が残るのも否めません。実際にどうなるのか今から楽しみです。続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧