• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • 次期「iPhone8」の最大のネックは液晶のサイズに!?「Home Pod」のファームウェアから表示解像度が判明!

次期「iPhone8」の最大のネックは液晶のサイズに!?「Home Pod」のファームウェアから表示解像度が判明!

以前より何度もリークされていますが、今年の9月に発表が予測されている次期「iPhone8」はベゼルレスデザインを採用し、「ディスプレイサイズ」は「5.8インチ」まで拡大されるとしています。今回、先日までの情報を裏付ける様に「Home Pod」のファームウェアから「iPhone8」の表示解像度が判明したのでまとめたいと思います。先日までの情報は「「iPhone8」の新たなモックアップが公開!「iPhone7 Plus」との大きさの違いがよくわかる!」をご参照ください。

 

スポンサードリンク



 

「Home Pod」のファームウェアにヒントが!

 

先日までの情報では、次期「iPhone8」のディスプレイサイズは「5.8インチ」になるとされている一方で、新たに「ファンクションエリア」が追加され、実際にユーザーが任意に使えるディスプレイサイズは「5.15インチ」になると予測されています。詳細は、「次期「iPhone8」の新たなレンダリング画像が公開!新機能「ファンクションエリア」!」をご参照下さい。

さて今回Apple Insiderによると、開発者のSteven Troughton-Smith氏が「HomePod」のファームウェア内に「iPhone 8」のディスプレイの表示解像「2436×1125」になるとの記述が隠されていることが判明したと報告しています。

 

 

Apple関連のリーク情報で定評のあるKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏や、先日判明しているアクセスログの情報においても表示解像度「2436×1125」になるとされており、次期「iPhone8」の表示解像度は「2436×1125」でほぼ間違いないと考えられます。にしても、「iPhone7 Plus」でさ「FHD」なのに、相当高精細な「ディスプレイ」をいきなり搭載することになります。

また今回の情報によれば、「ファンクションエリア」を除いたディスプレイサイズは「5.15インチ」である可能性が非常に高いと考えられます。やはり個人的には次期「iPhone8」の最大のネックは「ディスプレイサイズ」になると考えられます。「ディスプレイサイズ」が「5.8インチ」であっても有効範囲は「5.15インチ」であれば、少なくとも「iPhone7 Plus」などを使っているユーザーからは物足りなさがあると考えられます。

先日の情報では、2018年に発表される次期「iPhone」は、ついに「6.0インチ」の壁を越えるとも言われています。大型ディスプレイを好むユーザーは来年まで待つというのもありかもしれませんね。詳細は「2018年に登場する「iPhone9」シリーズも3モデル展開に!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧