「Galaxy Note8」には「皇帝バージョン」が!?

発表までいよいよ1ヶ月をきった「Galaxy Note8」ですが、ほとんどのスペックはリークしており基本構成はRAM「6GB」でROM「128GB」になると予測されています。今回さらに上位モデルである「皇帝」があるとの情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「Samsungがイベント招待状を配布!「Galaxy Note8」が正式に発表か!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「皇帝」バージョンの存在が判明か!?

 

基本スペックに関しては「Galaxy S8」シリーズと大差ありませんが、「デュアルレンズカメラ」に大きく力を入れており。「iPhone7 Plus」の「デュアルレンズカメラ」よりかなり高性能になるとも予測されています。詳細は、「「Galaxy Note8」のカメラは「3倍」ズームに対応か!?」をご参照下さい。さて今回Phandoridによると、「Galaxy Note8」にはRAM「6GB」でROM「256GB」を搭載した最上位モデル「皇帝」バージョンが存在するとの報告をしています。

なぜ最上位モデルが「皇帝」というネーミングなのかは正直判然としません。しかしながら「Galaxy S8」シリーズにおいても販売国が限定でRAM「6GB」でROM「128GB」の最上位モデルが発売されています。このことからも「Galaxy Note8」に最上位モデルが存在していてもおかしくありません。

今回の情報によれば、この最上位モデルはまず「韓国」から発売を開始し、次に「中国」で発売を開始するとしています。この流れも「Galaxy S8」シリーズと同じ流れになります。Androidスマートフォンの中ではROMが「256GB」に対応しているのは現時点ではめずらしいと考えられます。カメラの高画質化により「写真」や「動画」の容量が大きくなり、より本体容量が必要になるのはわかりますが、RAMが「6GB」で必要かという疑問があります。

特に中華系のスマートフォンにおいては過剰なスペック競争が発生していますが、「Galaxy」シリーズもこの競争に巻き込まれている感は否めません。おそらく、「Galaxy S8」シリーズの最上位モデルと同様に日本市場での展開の可能性は低いと考えられます。ただ「グローバルモデル」を購入する際には検討してみるのもありかなと考えられます。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧