• HOME
  • ブログ
  • Mac
  • 対象ユーザー限定!「MacBook Pro15インチ」モデル(2017)を1万9800円で買おう!

対象ユーザー限定!「MacBook Pro15インチ」モデル(2017)を1万9800円で買おう!

2016年年末に8年ぶりのフルモデルチェンジを果たし、さらに先日開催されたWWDCで早くもアップデートされた「MacBook Pro」シリーズですが、今回「MacBook Pro 15インチ」モデルを超お買い得な価格で入手できる方法が判明したのでまとめたいと思います。「MacBook Pro」の最新情報は「次期MacBook ProにApple独自のARMチップを搭載か!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

修理用バッテリーが不足しているため!

 

今回MacRumorsによると、「MacBook Pro15インチ」モデルの「Mid 2012」と「Early 2013」において、故障した場合「2017年」モデルと交換されていることが判明したと報告しています。今回の情報によると、「Mid 2012」と「Early 2013」の「交換用バッテリー」が不足しているためとされており、Appleは内部文書でバッテリーの交換を希望するユーザーに対しては、バッテリーの入荷を待ってもらうかわりに交換費用をAppleが負担するか、すぐに交換が必要な場合は同等の機能を持つMacBook Proへの交換を指示しているとされています。

特に話題になっているのがこの「同等の機能を持つMacBook Proとの交換」で、海外のユーザーから「MacBook Pro 15インチモデル」の2017年モデル、つまり最新モデルと交換してくれたとの情報も入っているとしています。ただ多くのユーザーは「2015年」モデルとなっており、一部のユーザーが「2016年」モデルや「2017年」モデルになっているとしています。

つまり「MacBook Pro 15インチモデル」でかつ「Mid 2012」と「Early 2013」のユーザーとかなり限定され、さらに「バッテリー」不具合が発生した場合、AppleCare+の保証対象であれば「無料」、保証対象外の場合「1万9800円」で、運が良ければ最新の「MacBook Pro」が手にはいることになります。Appleとしてもかなりの苦渋の決断だと思いますが、かなり思い切ったことをしていると考えられます。

この原因となっている「交換用バッテリー」不足は「9月15日」頃まで続くとされており、この条件にあてはまるユーザーで「バッテリー」に不具合が出ている場合はある意味チャンスかもしれません。ちなみにデスクトップの画面左上隅のAppleマークから「この Mac について」>「システムレポート」>「電源」を確認して、「バッテリーの交換・修理をすすめる」表示がされていれば対象となります。きになる方は一度チェックして見て下さい。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧