• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • 「iPhone8」の最終デザインが判明!?「Galaxy S8」とはまた違った雰囲気に!

「iPhone8」の最終デザインが判明!?「Galaxy S8」とはまた違った雰囲気に!

ここ最近になってまた「Touch ID」の搭載場所をめぐって情報が錯綜していますが、今回また新たな次期「iPhone8」のレンダリング画像が公開されました。今までリークしたレンダリング画像とも雰囲気が少し異なるのでまとめたいと思います。先日の情報は「次期「iPhone8」のフロントパネルが大量にリーク!「Touch ID」の搭載場所はまた背面にという情報が。」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

最終デザインが判明か!?

 

先日の情報では、Forbesがケースメーカーの情報から、電源ボタンが大きくなっていることにより新型「Touch ID」が電源ボタンに統合されるのではないかとしています。詳細は、「「iPhone8」の「Touch ID」は電源ボタンに!?新たなレンダリング画像が公開に!」をご参照下さい。さて今回ForbesのGordon Kelly氏がケースメーカーの情報を元に「iPhone8」の最終デザインとされるレンダリング画像を公開しています。

まずベゼル幅は「4mm」とされており、本体上部のベゼルに「FaceTimeカメラ」やスピーカーが搭載されていることが確認することができます。また簡単なディスプレイが搭載されているようにも見え、「電池残量」や「電波状況」も確認することが可能になっています。以前公開されていたレンダリング画像では「3Dセンサー」などの統合により、本体上部のベゼルは太くなっていたため、今回公開されたレンダリング画像とは異なります。

 

 

相変わらず、「3.5mmイヤホンジャック」は廃止されており、また充電規格も「Lightning」であることが確認することができます。今回の情報によれば、あと他には「垂直型」の「デュアルレンズカメラ」の搭載など、事前情報と一致することがレンダリング画像に反映されています。しかしながら、先日の情報にあった「電源ボタン」に「Touch ID」が統合されていることに関しては、「電源ボタン」が大きくなっていることは確認できるものの、「Touch ID」が統合されているかどうかまでは判断できないとしています。

また今回の情報によれば「Touch ID」が「背面」に搭載されているモックアップなどはすべてダミーであると報告しており、Appleがプロトタイプのデザインのひとつにあったかどうかまではわからないとしていますが、少なくとも背面に「Touch ID」が搭載される可能性はほぼなくなったと考えられます。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧