次期「iPhone8」の新色「07」のバックパネルがリーク!?

先日の情報では、次期「iPhone8」は4色展開になると予測されており、鏡面仕上げとなる新色「07」が追加されるとされています。今回、また新たな次期「iPhone8」のバックパネルがリークしたのでまとめたいと思います。先日の情報は、次期「iPhone8」の正式名称は「iPhone Plus」に!?さらに新色「07」!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

新たなバックパネルの画像がリーク!?

 

「Xperia XZ premium」のような「鏡面仕上げ」の新色が追加されるとの情報が入ったと思いきや、先日の情報ではこの「07」に対する特殊加工の特許も判明しており、光沢がありながら傷がつきにくい仕様になることが判明しています。詳細は、「Appleが次期「iPhone8」の新色「07」の特許を申請していたことが判明!」をご参照下さい。

さて今回数多くのリーク情報で知られているSlashleaksによると、次期「iPhone8」のリアシェルとされるものの新たな画像が公開されました。今回公開された画像が上記のものになります。上記の画像を確認する限り、個人的には完成品には見えないと感じてしまいます。これが仮に新色「07」のものだとしても、特殊加工前なのか、単純に試作のものかと考えてしまいます。

また、今回のバックパネルに関しても「Touch ID」の搭載場所が「背面」に確認することができます。先日の情報では、新たに公開されたレンダリング画像において「電源ボタン」が大きくなっていることから、「電源ボタン」に統合されている可能性が高いとも予測されています。詳細は、「「iPhone8」の「Touch ID」は電源ボタンに!?新たなレンダリング画像が公開に!」をご参照下さい。

今回公開されたバックパネルが、最終デザイン確定前のものなのか、それとも後のものか判然としません。また、材質が「金属」になっていることからも搭載が予測されている「ワイヤレス充電」とも非常に相性が悪いです。このことからも、最終デザインが確定する前の「試作」であると考えたほうが無難かもしれません。

「iPhone7」シリーズにおいては、光沢の強い新色「ジェットブラック」に人気が集中しましたが、事前情報通りであれば次期「iPhone8」においては新色「07」に人気が集中すると考えられます。ただ、今回の画像のような仕上がりではみすぼらしくて人気なんてでないですよね。続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧