• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • 今度は「9月」発売との情報が!次期「iPhone8」の初期生産数は限定的で争奪戦必須に!

今度は「9月」発売との情報が!次期「iPhone8」の初期生産数は限定的で争奪戦必須に!

サプライヤーの動向などから多くのアナリストが、次期「iPhone8」の発売時期は、例年9月から最悪11月程度までずれこむと予測されていますが、今回これら予測をひっくり返す新たな情報が入ってきたのでまとめたいと思います。先日の情報は、「Appleが次期「iPhone8」の生産状況に焦りが!?生産設備を新たに購入し増強へ!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

従来通りに「9月」に発売開始か!?

 

先日の情報では、Appleは「8月」と「10月」にイベントを開催し、「8月」に新型「iPhone SE」そして「10月」に「iPhone8」を発表すると予測されています。詳細は、「まさかの新型「iPhone SE」の発表に!?しかも値下げでさらにお買い得に!?」をご参照下さい。さて今回9to5Macによると、J.P. Morganのアナリストが、次期「iPhone8」の発売は「9月」開始になると報告していることが判明したとしています。

今回の予測をしたRod Hall氏によると、次期「iPhone8」の発売日がずれこむとの情報は、Appleが春頃に決定した情報であり、決して最新の情報ではないと報告しています。ただ、一部パーツの生産量が芳しくないことから初期生産量が限定されることに関しては同意見のようです。今回の情報によれば、9月に発売される時点で準備できるのは「200万台」程度と予測しています。

当初、同社は「900万台」生産すると予測していたことからも大幅に予測を引き下げたことになります。全世界で初期在庫が「200万台」と考えるととかなり少ないです。また、生産量が増えていくのは「10月下旬から11月初旬」にかけてとしており、どちらにしろ予約なしでの年内の入手はかなり困難だと考えられます。

また、当初の予測より「iPhone本体」の価格が上がるとしており、最大の理由は「製造コストの増加」としています。今回の情報は、ここ最近の情報と異なるためやはり信ぴょう性がきになります。ただ、同社のアナリストはWWDCで「iPhone8」の発表だけが行われるなどの予測もしており、情報の精度は決して高いとは考えにくいです。

ただ、どちらにせよ、サプライヤーの生産状況が芳しくないことにかわりはなく、問題となるのは、Appleが例年通り「9月」に強行的に発売するのか、ある程度の生産量を確保した上での発売にするため、発売時期をずらすのかということです。続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧