• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • 発売時期も錯綜中!次期「iPhone8」は量産開始に向けての最終試験中か!?

発売時期も錯綜中!次期「iPhone8」は量産開始に向けての最終試験中か!?

多くの情報から、次期「iPhone8」のサプライヤーの生産状況が芳しくなく、発売時期が例年の9月から11月頃までずれるとされていますが、今回、「iPhone8」の量産はスケージュール通りに進んでいるという情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は、「次期「iPhone8」の液晶の生産状態が最悪に!?年内入手はかなり困難に!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

量産開始のための最終段階に!?

 

先日の情報では、搭載場所が「背面」になるのか「ディスプレイに統合」されるのか、それとも搭載されないのか、Appleが最低でも8月には確定しないと発売時期が「11月」までにずれこむとされています。詳細は、「「Touch ID」に次期「iPhone8」の命運が!?発売は11月までずれこむ可能性も。」をご参照下さい。

さて今回、Apple関連のリーク情報で定評のあるOnLeaks氏が、自身のtwitter上で「iPhone 8」はまだ量産試作などを行うPVT(生産検証試験)段階にあると報告しています。

 

 

OnLeaks氏は以前、PVT(生産検証試験)は「6月〜7月」の間に開始され、量産は「8月」に開始されると報告していましたが、今回の情報によれば、PVT(生産検証試験)は、7月に開始されているため、OnLeaks氏の予測しているスケジュール通りに進んでいると考えられます。OnLeaks氏は、量産開始が「8月」に開始するとしているので、このことからも例年通り9月に発売を開始するのではないかと考えることができます。

ただ、例年通り9月に発売を開始したとしても、多くの懸念事項が改善されたわけではないので発売はできても在庫状況は非常に不安定なのにはかわりがないと考えられます。先日の情報は、「有機ELディスプレイ」のサプライヤーであるSamsungは、既存の設備を強化し、増産体制に入っていると予測されていますが、それでも発売の月までには「300万台」程度の分しか生産できないとも言われています。詳細は「次期「iPhone」の莫大な需要を満たすため!?SAMSUNGが世界最大の「有機EL」ディスプレイ工場を建設へ!」をご参照下さい。

iPhone10周年を記念したプレミアムモデルになるといわれている次期「iPhone8」ですが、今までの情報を考慮すれば入手がかなり困難になるということからも違う意味でプレミアムモデルになりそうですよね。例年通り9月に発売が開始されるのか続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧