「iPhone7s」シリーズは「8月」に「iPhone8」は「11月」に量産開始か!?

先日の情報では、次期「iPhone8」と「iPhone7s」シリーズのバックパネルのリーク画像がから「ワイヤレス充電」に対応すると予測されていますが、一方で発売直後は無効化されているとしています。今回次期iPhoneの量産時期に関して新たな情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「次期「iPhone8」のワイヤレス充電はデフォルト機能ではない!?別途アクセサリーの購入が必要に!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「iPhone8」の量産開始は「11月」か!?

 

先日の情報はでは、情報が錯綜している「Touch ID」について、Appleがサプライヤーへの注文が「8月」までにされないと、次期「iPhone8」の発売が「11月」までにずれこむか「Touch ID」が搭載されないと予測されています。詳細は、「「Touch ID」に次期「iPhone8」の命運が!?発売は11月までずれこむ可能性も。」をご参照下さい。

さて今回9To5Macによると、「iPhone7s」と「iPhone7s Plus」の量産開始時期は「8月」になり、プレミアムモデルである「iPhone8」の量産開始時期は「11月」になる可能性が高いと報告しています。やはり「iPhone8」の発売時期に関しては例年通りの9月に開始されることを期待しないほうが無難だと考えられます。

今回の情報によれば、「iPhone7s」シリーズの生産量産開始時期でさえ、例年で考えれば1ヶ月遅れになるとされており、「iPhone8」に関しては、「11月」まで量産を開始できない可能性が高いとしています。何より「Touch ID」の問題もありますが、新しい階層式のバッテリーを搭載するための回路基板」の歩留率の悪さ、さらに「有機 ELディスプレイ」のや「3Dタッチ」のために回路コーポネントなどの生産状況の悪さなどが原因だとされています。

先日の情報では、新しく搭載される「ワイヤレス充電」だけではなく、新たな生体認証機能である「顔認証」システムも無効化されている可能性があるとされています。詳細は、「次期「iPhone8」に搭載が予測される3Dセンサーも発売開始直後は無効の状態に!?」をご参照下さい。今回の情報が正しければ、多くのユーザーは年内の入手は困難かつ、下手をすると年明けの2月頃まではかなり不安定とも考えられます。今後の動向に注目したいところです。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧