「Galaxy Note8」のフロントパネルがリーク!僅かに縦長に!

8月下旬にSAMSUNGはアンパックを開催し「Galaxy Note8」が発表されると予測されていますが、今回鮮明なフロントパネルの画像がリークされたのでまとめたいと思います。先日の情報は、「「Galaxy Note8」の詳細なスペックがリーク!もうちょっとディスプレイが大きければよかったのに。」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

フロントパネルがリーク!

 

先日の情報では、SAMSUNGの公式Twitterにおいて、「インフィニティ」ディスプレイを搭載した未確認デバイスが判明したが、そのデバイスが「Galaxy Note8」ではないかと予測されています。詳細は、「「Galaxy Note8」がSamsungの公式twitterで公開に!?」をご参照下さい。さて今回Phandroidによると、「Galaxy S8+」と「Galaxy Note8」のフロントパネルを比較した画像が公開されたことを報告しています。

今回公開された画像が上記の画像になります。上記の画像より、左側が「Galaxy S8+」で、右側が「Galaxy Note8」のフロントパネルであることを確認することができます。事前情報を考慮すれば、「Galaxy S8+」の液晶サイズは「6,2インチ」で「Galaxy Note8」は「6.3インチ」になるとされています。

このことからも「Galaxy Note8」のほうが、僅かに縦長になっていることを確認することができます。しかしながら、同じベゼルレスデザインである「インフィニティ」ディスプレイを採用しながら、雰囲気はかなり異なるとの印象を受けます。「Galaxy Note8」のほうが「丸み」を帯びていないせいか、角ばった印象を受けます。

だからこそ、デザイン的にも「Galaxy Note」シリーズの後継機種だとも感じられます。ただ、先日リークした「Galaxy Note8」のスペックを考えると、「Galaxy S8」シリーズとどう差別化をするのか非常に気になります。少なくとも「デュアルレンズカメラ」の搭載や「S-Pen」の対応では、ユーザーに買い替えを促す動機としては不十分だと考えられます。

発表まであと1ヶ月の時期になってきたので、そろそろ実機の写真も多数リークする可能性も考えられます。「Galaxy S8」シリーズが作った勢いをこのまま引き継げるのか注目したいところです。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧