コンパクトモデル「Galaxy S8 mini」の開発中止か!?

過去最高の売り上げを記録しているSAMSUNG「Galaxy S8」シリーズですが、「Galaxy S5」以来のコンパクトモデルである「Galaxy S8 mini」が追加されると予測されています。今回この「Galaxy S8 mini」の開発が中止になったとの情報が入ったのでまとめたいと思います。先日までの情報は「もうすぐ「Galaxy S8 mini」の発売が開始か!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「Galaxy S8 mini」の開発が中止に!?

 

ハイエンドモデルである「Galaxy S8」シリーズのコンパクトモデルになると予測されていた「Galaxy S8 mini」は、「snapdragon821」の搭載やROMが「32GB」など「ミドルレンジクラス」になるとされていました。詳細は、「「Galaxy S8mini」のスペックがリークか!?」をご参照下さい。さて今回PhoneArenaによると、SAMSUNGのエンジニアが「Galaxy S8 mini」の存在をしてしたと報告しています。

また今回の情報に合わせて中国のリーカーとして有名な萌萌的电教(@mmddj_china)も「Galaxy S8 mini」の開発が中止されていることを報告しています。

 

 

今回「Galaxy S8 mini」の開発が中止になった理由として次の3つの理由があると考えられています。まず一つ目は、5.3インチのディスプレイサイズでハードウェアのスペックが低い端末を出す意味がないこと。次に2つ目が「Galaxy Note 8」のリリースを間近に控えているなかで、QHDの有機ELディスプレイの生産に関連した問題を抱えていること。

そして最後に過去のコンパクトモデルの売り上げが芳しくなかったことなどだとされています。確かに、「Galaxy S8」の派生モデルでありながら、「ミドルレンジ」クラスであれば、それだけでも大きく魅力が欠けてしまいます。また、「Galaxy S8」シリーズは、ベゼルレスデザインを採用した「インフィニティディスプレイ」を採用しています。

このことからも、コンパクトモデルまではいきませんが、「5.0」インチ程度のスマートフォンの中では普通くらいの大きさでありながら「大画面」を搭載しているため、従来よりコンパクトモデルの需要が下がるとも考えられます。SAMSUNGとしても「Galaxy S8 mini」に労力を割くより、今は「Galaxy Note8」に集中したいときとも考えられます。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧