• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • 「Touch ID」に次期「iPhone8」の命運が!?発売は11月までずれこむ可能性も。

「Touch ID」に次期「iPhone8」の命運が!?発売は11月までずれこむ可能性も。

「Touch ID」の搭載場所をめぐって情報が錯綜している次期「iPhone8」ですが、先日の情報では「Touch ID」の搭載を諦め、代わりに「顔認証」システムを搭載すると予測されています。今回、Appleが「Touch ID」の搭載を諦めていないとの情報が入ったでのまとめたいと思います。先日の情報は「次期「iPhone8」には「Touch ID」の代わりに2つの生体認証機能を搭載に!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「Touch ID」の発注状況によっては。

 

直近の情報では、大量のフロントパネルが撮影された画像において、以前より噂されている「3D」センサーを確認することもできず、また「Touch ID」は「背面」に搭載されているとしています。詳細は、「次期「iPhone8」のフロントパネルが大量にリーク!「Touch ID」の搭載場所はまた背面にという情報が。」をご参照下さい。

さて今回Barron’sによると、KeyBanc Capital MarketsのアナリストであるAndy Hargreaves氏らが、事前情報と同じく未だに液晶に統合型の新型「Touch ID」の技術的問題を解決できておらず、このままでは、「Touch ID」が非搭載になるか、もしくは「発売日」が大幅に遅れる可能性があると報告しています。

Andy Hargreaves氏による今回のレポートによれば、新型「Touch ID」用のチップは、「iPhone8」の大量生産開始の12週間前には遅くても発注をしなければならないとしています。事前情報では、次期「iPhone8」の発売日は10月以降になると言われています。このことからもAppleは8月前には発注をかけなければいけないことになります。

また今回の情報によれば、仮に8月に発注をかけても最悪11月までの発売日がずれこむ可能性があるとしており、逆に「8月」までに発注をかけられなかった場合、「Touch ID」の搭載を諦めるか、もしくは年内の発売が非常に厳しい状態になるとも考えられます。

現時点での液晶に統合されている新型「Touch ID」の認証制度は、現行の「iPhone7」に搭載されている第二世代の「Touch ID」と比較して非常に悪く、さらに認証スピードも遅いとされています。もうタイムリミットまで2ヶ月ない中、Appleがどのような決断をするのか続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧