• HOME
  • ブログ
  • Android
  • 「Android7.0 Nougat」が大幅に成長!けどほとんどのユーザーはアップデートしていない。

「Android7.0 Nougat」が大幅に成長!けどほとんどのユーザーはアップデートしていない。

先日には、いよいよ「Android7.1」の配信が開始されたばかりの「Xperia Z5」シリーズですが、今回の「Android」のシェア率が公開されたのでまとめたいと思います。先日の情報は、「「Xperia Z5」シリーズと「Xperia Z3+」に「Android7.1.1」が配信開始!」のご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「Android」のシェア率が公開に!

 

「Xperia Z5」シリーズや「Xperia Z4」など「Android7.1」が配信開始された一方で、「Xperia XA」や「Xperia XA Ultra」などは「Android7.0」が配信開始されたばかりです。先日の情報は、「「Xperia XA」と「Xperia XA Ultra」の「Android7.0」の配信が停止に!」をご参照下さい。さて今回、GSM Arenaによると、「Android」のシェア率が公開されたことを報告しています。

今回公開された「Android」のシェア率をまとめたのが上記の画像になります。「iOS」とは異なり最新の「Android」がアップデートされる割合は相対的に低い中、最新OSである「Android7.0」のシェア率が「11.5%」とわりと健闘していることを確認することができます。上記のグラフより「Android6.0」のシェア率が「31.8%」と一番高いことも合わせて確認することができます。

一方で今や懐かしい「Android4.4 KitKat」以前のOSのシェア率の合計が「26%」程度と、4台に1台の割合で使用していることになります。また未だに「Android2.3.3」を使用しているユーザーがいるのも驚きです。上記のグラフからも、Androidスマートフォンユーザーは最新OSの恩恵を受けにくいことがはっきりとわかります。

一方で、「Android」ベースの機種は「エントリーモデル」から「ハイエンドモデル」までかなりの数があり、だからこそアップデート率も安定しないと考えられます。そして何より、SIMフリーモデルは「メーカー」に依存しますが、キャリアモデルは「キャリア」に依存します。このことも大きな障害になっていると考えられます。

「Android8.0」以降は、「エントリーモデル」を含めて迅速なアップデートを配信できるようなファームウェアに対応しており、「Android8.0」以降、シェア率がどのように変化するか今後の動向に注目です。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧