2018年に登場する「iPhone9」シリーズも3モデル展開に!?

今年の9月に発表が予測されている次期「iPhone」は「iPhone7s」、「iPhone7s Plus」そして「iPhone8」の3モデルになるとされています。今回早くも2018年に登場する次期「iPhone9」シリーズについての最新情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は、「「iPhone8」と「iPhone7s」の鮮明なバックパネル画像がリーク!「ワイヤレス充電」確定!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

2018年に登場する次期「iPhone」は3モデル展開に!?

 

先日の情報では、2018年に登場する次期「iPhone」の液晶サイズは「5.28インチ」と「6.46インチ」になると予測されています。詳細は、「2018年に発表される次期「iPhone SE」は「5.28インチ」の液晶を搭載か!?」をご参照下さい。さて今回Nikkei Asian Reviewによると、早くも2018年に発表が予測される次期「iPhone」についての計画を始めており、3モデル展開になると報告しています。

また、今回の情報によると、2018年に登場が予測される3モデルすべてに「有機ELディスプレイ」を搭載する方向で進んでいるとしています。ただ、この計画は変更される可能性もあるとしています。ちなみに今年発表が予測される「iPhone7s」と「iPhone7s Plus」は、従来と同じく「液晶」を搭載し、「iPhone8」は「有機ELディスプレイ」を搭載すると予測されています。

もともと2019年までには、最新「iPhone」すべてに「有機ELディスプレイ」を搭載すると予測されていましたが、今回の情報によれば計画が早まったとも考えられます。また先日の情報では、次期「iPhone」の莫大な需要に応えるためにメインサプライヤーであるSAMSUNGは、世界最大規模の「有機ELディスプレイ」工場の製造を開始するとされています。詳細は、「次期「iPhone」の莫大な需要を満たすため!?SAMSUNGが世界最大の「有機EL」ディスプレイ工場を建設へ!」をご参照下さい。

ただAppleは、次世代ディスプレイである「microLED」の生産を「LG」に対して発注をしているとみられており、早くて今年中には試験的に生産を開始すると言われています。この「microLED」は、まず「Apple Watch」に搭載が予測されており、順次搭載デバイスを拡大していくとみられています。今回の情報より、ひとまず次期「iPhone」は「有機ELディスプレイ」を搭載し、その後「microLED」に切り替わると考えられます。続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧