次期「iPhone8」のカラーラインナップが判明!?まさかの!?

iPhone発売10周年を記念したプレミアムモデルである次期「iPhone8」ですが、新技術を搭載する一方、生産の遅れなどあまりいいニュースは多くないのが現状です。先日の情報では5色展開になると予測されていましたが、今回最新情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報の詳細は、「次期「iPhone8」はついに「ジェットホワイト」を追加!?5色展開の可能性が!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

まさかの1色展開に!?

 

長らく情報が錯綜していた「Touch ID」の搭載場所が、「液晶」に統合で確定かと思いきや、先日の情報では「Touch ID」自体が搭載されず、代わりに「顔認証」システムが搭載されるとしています。詳細は、「次期「iPhone8」には「Touch ID」の代わりに2つの生体認証機能を搭載に!?」をご参照下さい。さらに一転、先日リークした情報によれば「背面」に「Touch ID」が搭載された「iPhone」が続々と出荷されているとしています。

さて今回、先日リークした次期「iPhone8」専用の強化ガラスから5色展開になると予測されていましたが、9To5Macによると、一部の情報より次期「iPhone8」のカラーラインナップは「ブラック」の1色展開になる可能性があると報告しています。今回の情報によれば、Appleはブティックブランドを維持する目的として、プレミアムモデルの次期「iPhone8」を1色展開にする可能性があるとしています。

確かに、先日よりリークしているモックアップはすべて「ブラック」モデルのみで、リークしている時期を考えれば他のカラーのモックアップがリークしてもおかしくないのですが、依然として「ブラック」モデルしかリークしません。具体的なカラーの名称は判然としませんが、Appleがよりプレミアム感を演出するために「ジェットブラック」モデルという名称にしてもおかしくないと考えられます。

今回の情報を考慮すれば、次期「iPhone8」のラインナップは非常に分かりやすくなると考えられます。容量に関しては「64GB」と「256GB」の2種類で、カラーが「ブラック」の1色であれば、生産も非常にしやすいと考えられるのですが、仮にこのラインナップでも在庫状況が不安定になるとすれば、サプライヤーの生産状況が想像以上に悪いということになります。発表まで約2ヶ月となりましたが、実際どのような形で登場するのか今から楽しみです。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧