• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • 次期「iPhone8」のフロントパネルが大量にリーク!「Touch ID」の搭載場所はまた背面にという情報が。

次期「iPhone8」のフロントパネルが大量にリーク!「Touch ID」の搭載場所はまた背面にという情報が。

一時期、次期「iPhone8」は「Touch ID」が「背面」に搭載されるという情報がありましたが、先日の情報では「Touch ID」は液晶に統合されると情報が錯綜しています。今回次期「iPhone8」のフロントパネルが大量にリークしたのでまとめたいと思います。先日の情報は「次期「iPhone8」の新型「Touch ID」は液晶に統合で確定か!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

フロントパネルが大量の画像がリーク!

 

先日の情報では、そもそも「Touch ID」が搭載されず、そのかわりに「顔認証」と「虹彩認証」が搭載されるとしています。詳細は、「次期「iPhone8」には「Touch ID」の代わりに2つの生体認証機能を搭載に!?」をご参照下さい。さて今回、Apple関連のリーク情報で定評のあるBenjamin Geskin氏が自身のTwitterで、次期「iPhone8」のフロントパネルを撮影したと思われる画像を公開していることが判明しました。

 

 

今回のツイートから今回の画像はとある運送会社からのリーク情報であることが確認できます。また今回のツイートにはメッセージが添えられており簡単にまとめると以下のようになります。

 

バッテリーを含む荷物の安全検査をしていると、背面にTouch IDセンサーのついた大量のiPhoneが、最近は1日数パレット単位で運び込まれている。

ディスプレイ、チップ、コード、ケースなど様々な部品類も目にした。

写真のディスプレイ部品は数週間前から届きはじめ、どんどん増えてきている。そのため量産品であると考えられる。

荷物のラベルを見ると、毎日多くのiPhoneのディスプレイが、アジアのAppleサプライヤーからAppleに送られていく。

 

今回の情報によれば、「Touch ID」は背面に搭載されることになります。正直ここまで情報が錯綜しているとわけがわかりません。また今回の画像を確認する限り、先日リークしたプロトタイプと同じ形をしているように見え、以前より噂されている「3Dセンサー」の存在を確認することができません。また、直近で公開されている「モックアップ」とも形状が異なることも確認できます。

いったいいつ頃撮影されたのものか判然としませんが、今回の情報を考慮すればAppleは直前まで「Touch ID」の有無を迷う可能性が考えられます。事前情報では発売日は例年より約1ヶ月程度ずれるとされており、まだこの時期で一部パーツなど大量生産が開始していなくてもおかしくありません。続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧