「Xperia XZ premium」の発熱対策は最強クラス!「4K動画」の撮影時間は驚異的!

「snapdragon835」の搭載や「4KHDR」の対応など、現時点で最高のスペックを搭載している「Xperia XZ premium」ですが、やはり当初より懸念されていたのは「発熱」です。今回、「発熱」対策がかなり施されている動画が公開されたのでまとめたいと思います。「Xperia XZ premium」の最新情報は、「「Xperia XZ premium」の人気の裏付け!?「Xperia XZ」が中古ランキングで1位を獲得!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

4K」動画の撮影時間が過去最高に!

 

先日の情報では、「Xperia XZ premium」は発熱対策として、「ヒートパイプ」の搭載をやめ、そのかわりに巨大なグラファイトシートの搭載をしていることが判明しています。詳細は、「「Xperia XZ premium」は発熱対策が万全!」をご参照下さい。さて今回review.geによって歴代Xperiaと「4K撮影」時間の比較動画が公開されましたので簡単にまとめたいと思います。まずは以下の動画をご確認下さい。

 

 

今回比較された機種は、「Xperia XZ Premium」、「Xperia XZs」、「Xperia XZ」、「Xperia Z5」、「Xperia Z5 premium」、「Xperia M5」、「Xperia Z3+」、「Xperia Z3v」の8モデルによって行われています。また比較方法としては、発熱が原因で動画撮影が強制終了するまでの時間を比較するというものです。さらにテストを2回行なっており、1回目は、「撮影対象がなく、床にただ置いてある」状態で撮影しています。

この撮影方法による結果は、最短が「Xperia Z3v」で「4分」、最新モデルである「Xperia XZs」は「1時間23分」、「Xperia XZ premium」は強制終了することなく手動で終了していますが「2時間43分」となっており、「Xperia XZ premium」の発熱対策が驚異的であることが確認することができます。次に2回目のテスト方法は、「撮影対象にタブレットの画面」を選んでいる状態でのテストになります。

この2回目の結果は、最短が「Xperia Z3v」が「3分」、先ほどと同様に「Xperia XZs」が「48分」、そして「Xperia XZ premium」が「1時間42分」という結果になっています。やはり2回連続テストを行なっているため、全体の数字は下がっていますが、「Xperia XZ premium」は、「ストレージ不足」のために撮影終了しているため「発熱」が原因ではありません。

発売直後から、「発熱がしない」といい評判が多かったのですが、今回の動画で改めて「発熱対策」が万全であることが確認されました。このことからも「カメラ」の不具合さえなければ最高の機種なのですが、何かもったいない感じもします。

 

LINEでも記事更新通知をしています。よければお友達登録して下さい。
友だち追加

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧