• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • 次期「iPhone8」のワイヤレス充電はデフォルト機能ではない!?別途アクセサリーの購入が必要に!?

次期「iPhone8」のワイヤレス充電はデフォルト機能ではない!?別途アクセサリーの購入が必要に!?

ここ最近までの情報と異なり、先日の情報で、次期「iPhone8」は液晶に「Touch ID」が統合されると予測されていましたが、「Touch ID」は搭載されないとの予測に変わっています。一方で今回、「ワイヤレス充電」に関する最新情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は、「次期「iPhone8」はまさかの「Touch ID」非搭載!?さらにカラーは限定的に!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

別途アクセサリーの購入が必要に!?

 

先日の情報では、次期「iPhone8」と「iPhone7s」のバックパネルがリークし、その材質が「ガラス」に変更されていることから、今年発表されるすべての「iPhone」が「ワイヤレス充電」に対応すると予測されています。詳細は、「「iPhone8」と「iPhone7s」の鮮明なバックパネル画像がリーク!「ワイヤレス充電」確定!」をご参照下さい。

さて今回、MacRumorsによると、Apple関連のリーク情報に定評のあるKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は、次期「iPhone8」は「ワイヤレス充電」に対応するもの、「ワイヤレス充電」を有効にするには、別途アクセサリーの購入が必要になると報告しています。つまり、「iPhone8」を購入しても、箱から出して「ワイヤレス充電」をすぐ使うことは不可能であるということです。

また「iPhone8」が対応する「ワイヤレス充電」は、多くのAndroidスマートフォンが搭載している「Qi」式になるともしています。一方で「iPhone8」は、「ワイヤレス充電」の他に「急速充電」にも対応すると見られています。詳細は、「次期「iPhone8」は「急速充電」と「ワイヤレス充電」に対応で充電環境が快適に!」をご参照下さい。

今回の情報では、「急速充電」に対応するICチップは搭載されるとしていますが、「iPhone8」本体に付属される充電器は、従来と同じ5Wのものが付属になるとしています。つまり、「急速充電」を使いたい場合でも、別途充電アダプターを購入する必要があります。

次期「iPhone8」は本体の価格が最低でも現行モデルから「1万円」以上値上がりが予測されていますが、今回の情報によればさらに別途アクセサリーの購入する必要性もでてきて、さらに出費がかさむことになります。さらに、これらの「アクセサリー」も最初は在庫状況が不安定になると考えられ、「iPhone8」本体含めて、入手するのは大変困難な状況になるとも考えられます。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧