SAMSUNGが「Galaxy Note FE」を正式に発表!

世界中で炎上騒ぎを起こした「Galaxy Note7」の改修版を発売すると予測されていましたが、今回SAMSUNGが「Galaxy Note FE」を正式に発表したのでまとめたいと思います。先日までの情報は「「Galaxy Note 7R」改め「Galaxy Note FE」の発売日は7月下旬に!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「Galaxy Note FE」を正式に発表!

 

今回GSM Arenaによると、SAMSUNGが「Galaxy Note7」の改修版である「Galaxy Note FE」を正式に発表したと報告しています。「Galaxy Note FE」の事前情報においては「Galaxy Note 7R」と呼ばれていた機種であり、基本スペックは「Galaxy Note7」とほとんど変更ありません。変更点としては、バッテリー容量が「3500mAh」から「3200mAh」に減量されていること。

今回搭載されているバッテリーは「Galaxy S8」シリーズなどにおこなわれている厳格なテストをクリアしたもの採用されており安全性は格段に向上していると考えられます。そしてもう一つはソフトウェア上で、音声アシスタントシステムである「Bixby」に対応していることです。ただ「Galaxy S8」シリーズのように「専用ボタン」は搭載されていません。

今回「Galaxy Note FE」に使用されているパーツ類は、決して回収された「Galaxy Note7」のものを使用しているわけではなく、未使用の部品を使用しているとしています。さすがにSAMSUNGも「Galaxy Note FE」で同じ過ちを繰り返すわけにいかないため、万全の体制で臨んでいると考えられます。

発売日に関しては「7月7日」となっており、本体カラーは「ブラックオニキス」、「ブルーコーラル」、「ゴールドプラチナ」、「シルバーチタン」の4色展開となっており、価格は「$611」(日本円で約6万8000円」となっています。

販売地域は、まず「韓国」で「40万台」程度発売するとしており、韓国での売れ行きなどを考慮した上で販売地域を拡大するかどうか決定するとしています。いよいよ正式に発表された「Galaxy Note FE」ですが、約2ヶ月後には大本命である「Galaxy Note 8」が発表されます。「Galaxy Note FE」の売り上げが「Galaxy Note 8」にどのような影響を与えるのか見所です。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧