• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • 次期「iPhone8」は「急速充電」と「ワイヤレス充電」に対応で充電環境が快適に!

次期「iPhone8」は「急速充電」と「ワイヤレス充電」に対応で充電環境が快適に!

先日の情報で、次期「iPhone8」のバックパネルに「ガラス」が採用されていることが判明し、「ワイヤレス充電」に対応する可能性が非常に高くなりました。今回、さらに「急速充電」に対応する最新情報が判明したのでまとめたいと思います。先日の情報は「「iPhone8」と「iPhone7s」の鮮明なバックパネル画像がリーク!「ワイヤレス充電」確定!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「急速充電」に対応か!?

 

先日の情報では、「iOS11」のβ版から新たなオーディオファイルが見つかっており、このオーディオファイルは「ワイヤレス充電」のために採用される新しい充電音になるとみられています。詳細は、「「iOS11」では新しい充電音が採用に!?「ワイヤレス充電」搭載への布石か!?」をご参照下さい。さて今回MacRumorsによると、BarclaysのアナリストであるBlayne Curtis氏が、「iPhone8」は急速充電に対応する可能性があると投資家向けのレポートで報告していることが判明したとしています。

Blayne Curtis氏によると、USB-C Power Delivery規格の10Wのアダプターが「iPhone8」の同梱されると報告しています。ちなみにこの充電アダプターは「iPad Pro10.5インチ」モデルにも同梱されています。簡単に言えば、「iPad」用のアダプターで充電するイメージです。またPower Deliveryの充電規格は、Lightningでも利用可能です。

このことからも一部情報では「USB-C」を採用するとの情報もありますが、次期「iPhone8」はi「Lightning」が採用されると考えられます。Appleは「iPhone7」シリーズより、「3.5mmイヤホンジャック」を廃止して、やはり一部ユーザーから不評を受けています。このことからも、次期「iPhone8」でLighteningを廃止し、いきなり「USB-C」に切り替えることは考えにくいです。

ただ一方で、「ワイヤレス充電」に対応すると予測されており、充電規格を徐々に切り替えていくことは容易に想像できます。現状では、「MacBook」や「iPhone」、「iPad」、「Beatsオーバーヘッドフォン」において充電規格がバラバラで多少不便に感じることもあります。だからこそ、充電規格を揃えることでユーザビリティが向上するとも考えられます。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧