「iOS11」で片手キーボードが実装!ただiPadでは使えず。

先日の情報では、「iOS10.3」へのアップデートで、「iPad」に「片手用キーボード」が実装される可能性があるとされていましたが、実際には実装されませんでした。しかしながら今回「iOS11」の中に「片手用キーボード」が実装されていることが判明したのでまとめたいと思います。先日の情報は「iOS10.3の新機能!iPadで片手キーボードに対応か!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「片手キーボード」が実装に!

 

先日よりいよいよ「iOS11」のパブリックベータ版の配信が開始されました。詳細は、「興味ある方はどうぞ!「iOS11」のパブリックβ版の配信が開始!」をご参照下さい。さて、今回Apple insiderによると、「iOS11」にアップデートすることにより、「片手用キーボード」の使用が可能になることを報告しています。

「iOS11」にアップデートすることで、以前より「数字」や「アルファベット」が文字入力を切り替えなくても簡単にフリック入力できるようになっているのですが、さらに「片手用」に対応することでユーザビリティが向上すると考えられます。「片手用キーボード」は、キーボード左下にある「地球儀」マークを長押しすることで簡単に切り替えることが可能になっています。

また切り替える際に、左寄せもしくは右寄せを選択することが可能になっています。「片手キーボード」が実装されることで、「iPhone7 Plus」や大型液晶が搭載される「iPhone8」において、片手での入力がかなり楽になります。

一方で残念なのが、「iPad」に実装されていないことです。「iPad」では「分割キーボード」に対応していますが、「iPad mini4」や「iPad Pro10.5インチ」モデルであれば、片手で使おうとすれば使えなくないと思います。また、置きながら入力する際にも「フリック入力」が可能になればユーザビリティが向上すると考えられるのですが、結果実装されませんでした。

今回の「iOS11」は、「iPad」の機能強化がメインといっても過言ではないほど、アップデートすることで「iPad」の使いかたが大きく変わります。だからこそ、あまり使うユーザーがいないかもしれませんが、「片手用キーボード」に対応してほしかったところです。パブリックβ版は配信されたばかりで、まだまだ挙動が不安定です。

自分が使い方が分かってないだけかもしれませんが、コピペなど一部できなくっています。興味がある方はぜひアップデートしてみてください。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧