ドコモ版「Xperia XZ premium」の在庫は不安定!?SIMフリー版は価格下落が開始!

先日よりいよいよ国内での発売を開始した「Xperia XZ premium」ですが、今回改めてSIMフリーモデルの価格をまとめてみました。先日の情報は「早ければ「6月15日」には手元に!?ドコモ版「Xperia XZ premium」に入荷連絡が来た!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「Xperia XZ premium」の価格が下落!

 

先日の情報では、先行発売を開始している「クロム」と「ブラック」において価格差が生じており、「ブラック」のほうが人気が高いとみられています。詳細は、「価格差が発生!やはり「Xperia XZ premium」は「ブラック」が人気!」をご参照下さい。さて今回、改めてSIMフリーの「Xperia XZ premium」の価格を調べたところ、価格下落が顕著になってきているのでまとめたいと思います。

まずExpansysにおいては、発売当初の価格が「8万5900円」だったのに対して執筆現時点では「8万3900円」と「2000円」程度価格が下がりました。まあ仕方ないのですが、まだ「仮予約受付中」の「ピンク」モデルに関しても、価格が「8万3900円」と値下がり?しています。発売前なのでな下がりとは言わないかもしれませんが。

ただ、もうすこし早く発売していれば、「8万5900円」の価格から始められたとも考えられます。新色「ピンク」に関して、アメリカ国内では「7月3日」より発売されるとしています。詳細は、「アメリカで「Xperia XZ premium」が発売開始!「ピンク」は「7月3日」より!」をご参照下さい。

次にEtorenの価格を確認したいと思います。執筆現時点ではブラックモデルが「8万3445円」で「クロム」モデルが「8万1220円」となっています。発売当初の価格に関しては両カラーとも「9万2995円」だったため、発売1ヶ月経過した時点で約「1万円」の値下がりをしたことになります。本体価格のみで考えれば、国内版の「Xperia XZs」より安いことになります。

依然として、ドコモ版「Xperia XZ premium」の在庫状況は非常に不安定であり、現時点では予約分を捌ききれない状態になっていると考えられます。一方で「SIMフリー版」に関しては徐々に在庫状況が安定しているため需要が満たされてきていると考えられます。今夏モデルにおいては、かなり高評価になっており、機種変更する機種としては間違いなくおすすめです。

一方で、カメラに関しての不具合が海外で話題になっており、今後の販売においてどれだけ影響するのかも気になるところです。詳細は、「「Xperia XZ premium」のカメラの歪み問題は深刻に!同様に「Xperia XZs」にも!?」をご参照下さい。

 

LINEでも記事更新通知をしています。よければお友達登録して下さい。
友だち追加

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧